« 小沢裁判を宗教裁判と見れば検察の不可解な行動やマスコミのリ-ク報道も良く解ります | Main | 自民党幹部「小沢氏無罪で党資金200億円握れば選挙大惨敗 »

石原都知事が行った尖閣諸島土地購入の批判記事に冷静な記事がありました

石原慎太郎が行った尖閣諸島土地購入の批判記事に冷静な記事があまりありませんでしたが、北海道新聞の社説と小幡績氏の記事に他ではあまり書かれていない記事が載っていましたので転載します。

尖閣3島購入 都知事の仕事ではない(北海道新聞4月19日)
 
石原慎太郎東京都知事は米ワシントンで沖縄県の尖閣諸島のうち民間人が所有する3島を都として買い取る考えを明らかにした。 尖閣諸島は日本の固有の領土だが、中国などが領有権を主張している。国同士の問題に都が介入する形になる。
 
遠く離れた島を購入して何をしたいのか不明だ。実現できるかも怪しい。以前から中国に批判的な知事の行動に中国国内で反発が出ている。日中関係を不必要に悪化させかねない。無責任な行動は慎むべきだ。
 
石原知事は「東京が尖閣諸島を守る。日本人が日本の国土を守ることに文句があるか」と訴えた。 ずいぶん飛躍した議論だ。尖閣諸島を「守る」とは何を意味するのか。国土防衛であれば一義的に国の仕事である。国よりも地方自治体がその任務にふさわしいと言うならその根拠を示すべきだ。
 
目立つのは激しい中国批判だ。「日本の実効支配を壊すため過激な運動をしている」と語った。日本政府に対しては「中国が怒るからびくびくしている」と不満をぶちまけた。政府は尖閣諸島の安定的な維持管理を目的に2002年から個人所有の土地を賃借している。中国を刺激すべきではないという外交的判断から国で所有するのは避けてきた。知事の発言の背景には国に対中強硬策を促す意図が見て取れる。
 
藤村修官房長官は必要なら国有化も検討するという。賃借を続けてきた経緯や日中外交への影響を慎重に考え、知事に自重を促すのが筋だ。中国政府は購入手続きの停止を要求した。中国国内で反日感情が高まれば日中政府が冷静に話し合う環境をつくることが難しくなる。日本国内で政府と自治体の意見が割れている印象を与えるのは得策ではない。
 
自らの政治的立場をアピールする狙いものぞく。石原氏は民主、自民の二大政党に対抗する新党結成を模索している。政権を攻撃して自らの存在感を高めようとしているのなら、尖閣問題を政治利用していると批判されても仕方ないだろう。
 
尖閣諸島購入に税金を投入することには都民の反発も予想される。東京都議会が賛成する見通しも立っていない。どこまで実現性があるのか疑わしいのが実態だ。こうした事態の背景には外交の停滞があることを、政府も肝に銘じるべきだ。一昨年の漁船衝突事件以後、中国の尖閣諸島周辺での活動が目立っている。中国や国際社会に対して日本の立場を丁寧に説明することが重要だ。
 
今年は日中国交正常化40周年の節目でもある。無用な緊張を生んで友好ムードを損なうべきではない。

小幡績氏の石原慎太郎批判記事より転載します
石原氏の笑顔を見たか。インタビューに嬉しそうに答える彼。
「何か文句あるか!(笑)」満面の笑みである。
あるね。大いにある。そして、それを黙って追従笑いをして報道し続けるメディア。
それを拍手喝采で迎える国民。彼らはすべて売国奴だ。

自己中心的。もともと石原氏とはそういう人間である。
彼は何者か。彼は右翼でも何でも無い。コメディアン及びエンタメ作家である。
石原氏は、太陽の季節というエンタメポルノ小説で華々しいデビューを飾った。

芥川賞を取ったが、それは、「彼は勃起 した陰茎を外から障子に突き立てた」という表現に代表されるような刺激的なものであったことにより世間の話題をさらい一躍有名になったのである。そして、その後も、これに尽きているのである。

彼は目立ちたがり屋で、物議を醸すことで快感を得、その姿に、日頃のストレスから解放され、溜飲を下げる大衆に人気を得る。典型的なエンタメ系ポピュリストなのである。

信念もなく、権力志向でも無い。その意味で橋下氏よりもより一層わかりやすい、自己陶酔、ナルシストコメディアンである。今回の、尖閣諸島の問題も、彼の快感に満ちあふれた笑顔に尽きている。あの笑顔のために、日本の国益、外交を犠牲にしたのだ。

中国に対する弱腰の姿勢が問題であるならば、野田首相と官邸で密会し、議論を戦わせれば良い。亀井と密会する暇があるなら可能なはずだ。民主党政権の対中政策の弱腰が日本を不利に陥れているのであれば、今回の石原発言により、中国は、これを絶好機とばかり弱腰の民主党政権を押し込んで来るであろう。日本が攻撃的なスタンスを取るのであれば、中国は正々堂々と攻撃的なスタンスを取ることが出来る。海軍を派遣できるし、資源採掘もより一層堂々とやれるようになる。

民主党政権の弱腰が悪いとしても、石原氏の行動によってそれが変わるわけでは無いから、さらに弱腰になり、また中国としてあらゆる交渉が有利になる。したがって、民主党が弱腰であろうと無かろうと、官邸の外交戦略と連携しなくては、すべてのことは逆効果である。

また、真に尖閣を守る気があるならば、黙って都で買い取るか、彼の個人資産で買い取れば良い。米国で宣伝することは、尖閣を公的所有とするハードルを上げることになるだけだ。

したがって、石原氏の今回の行動はいつも通り、国を思うわけでも、尖閣を思うわけでもなく、自己の快楽を得るための行為に過ぎない。太陽の季節。 時代錯誤だ。

「離れに上がると彼は障子の外から声を掛けた。“英子さん”部屋の英子がこちらを向いた気配に、彼は勃起 した陰茎を外から障子に突き立てた。障子は乾いた音をたてて破れ、それを見た英子は読んでいた本を力一杯障子にぶつけたのだ。本は見事、的に当って畳に落ちた[19]。その瞬間、竜哉は体中が引き締まるような快感を感じた。」

尖閣に自らの陰茎を突き立てて、中国からの非難の快楽に酔いしれているのだ。

問題は、このときの英子の気持ちで、日本の大衆の一部が、この小説、映画で快楽を得、また、今回の石原節を喝采で迎えるように、快楽に身を震わせているのか、日本の外交の未来のように、精神的な、無駄なダメージを受けることになっているのか。

石原を支持する人々は、政治、外交をエンターテイメントとして捉えていることは確実だ。それは個人の自由であるが、私は退屈で誠実な未来を望む。

真に大国、強国であるならば、中国のように、黙って占領する。騒がない。対中強硬を叫ぶ時点で、弱いことを露呈しており、弱者の劣等感の表れだ。それがヒステリックな反応となり、すぐに卑屈な姿勢に変わる。それが今の日本だ。弱いなりに堂々と、淡々と、普通に、言うべきことを言い、守るべきことを守るだけのことだ。それが真の外交である。

|

« 小沢裁判を宗教裁判と見れば検察の不可解な行動やマスコミのリ-ク報道も良く解ります | Main | 自民党幹部「小沢氏無罪で党資金200億円握れば選挙大惨敗 »