« 瓦礫に見る地方の主体制と云う記事が北海道新聞に載っていました | Main | 検察は虚偽有印公文書作成をした田代検事を不起訴する方針の様です »

自民党石原幹事長は口先だけの議員の様です

自民党石原幹事長は民主党に消費税法案に反対をする小沢氏を切れと言っていますが、自分の党の造反議員を切る事も出来ない口先だけの議員の様です。

今回の郵政改正法案に自民党は党議拘束をかけたにも関わらず造反議員達に、ただ厳重注意処分だけで終わらせました。

やはり、この政党は賞味期限は過ぎた政党だった様です。
この小泉進次郎衆院議員をこのままにすれば、自民党は何と甘い政党と小泉新進郎に思われてしまうと思います。

民主党も正しい事をした議員を、除名にしたりまた、党員停止にしています。
この国の議員達は、すべて狂いだした様に感じます。

それを狂わせたのは、やはり司法官僚達で、法律は開発途上国以下のレベルであるにも関わらず、世界に冠たる法治国家と勘違いしている大馬鹿者達が多すぎる為と考えられます。

(読売新聞4月12日 )

『造反の小泉進次郎議員「自民党の信念がぶれた』 日本郵政グループを4社体制にする郵政民営化法改正案は12日の衆院本会議で、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決され、参院に送付された。
 採決では自民党の中川秀直元幹事長、菅義偉元総務相、小泉進次郎衆院議員が反対したほか、平将明衆院議員が途中退席した。同党は党議拘束をかけており、谷垣総裁は同日、4人を厳重注意処分とした。
 中川、菅氏は国会対策委員長や総務相として郵政民営化を推進し、平氏は2005年の「郵政選挙」で初当選した。小泉氏は本会議後、記者団に「自民党の信念がぶれた」と訴えた。当時の主流派が「造反組」になった格好で、党内からは「皮肉なめぐり合わせだ」との声も漏れた。
 一方、郵政民営化に反対して自民党を離党した亀井静香前国民新党代表は、「6年半、長かった」と感慨ひとしおの様子だった。

|

« 瓦礫に見る地方の主体制と云う記事が北海道新聞に載っていました | Main | 検察は虚偽有印公文書作成をした田代検事を不起訴する方針の様です »