« 小沢氏の言っている事はもっともシンプルな考えです | Main | 地上戦闘部隊をグアムなど国外へ 沖縄海兵隊で米打診と共同通信が報じました »

石川議員供述「虚偽報告書」 検察、昨年1月に把握 十分な調査行なわず 

常に小沢氏を有罪にする為に、小沢裁判で誤報を流して国民を誘導していました、産経新聞も、さすがに検察の捏造に加担する事を止めた様です。

この事は、これ以上捏造検察のリ-クを続けても、検察が組織的に小沢氏を有罪にする為に、検察審査会に捏造調書を送り、強制起訴を議決させた事が、裁判で明るみに成り、裁判長に組織的犯罪と断罪された為と思われます。

今回、東京地検は検事が調書を捏造していた事を把握していたにもかかわらず、殆ど調査を行わなかった事は、完全に証拠の正しさを立証する事をあきらめ、法治国家を放棄したと思われます。
裁判でのやり取りだけで、有罪無罪が決まるようでは、今日の科学捜査や、地道に証拠調べをしている捜査員の努力を無駄にする事になります。そんなん事も解らないで、ただ印象だけで裁判が決まると述べる愚かものが日本存在する事は、日本人として悲しい思いに成ります。

石川議員供述「虚偽報告書」 検察、昨年1月に把握 十分な調査行なわず 
(産経新聞月3月2日)
強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の元秘書、石川知裕衆院議員(38)を取り調べた東京地検特捜部の田代政弘検事(45)=現新潟地検=が捜査報告書に虚偽の記載をした問題をめぐり、問題発覚の約1年前に地検が既に虚偽記載の事実を把握していたことが2日、関係者の話で分かった。地検は把握後も十分な調査を行っておらず、判断の是非が問われそうだ。
 
問題の報告書は小沢被告を起訴相当とした検察審査会の1回目の議決を受けて作成された。田代検事が平成22年5月に、石川議員を再聴取した内容が記載されている。
 
報告書には、石川議員本人が「『選挙民を裏切ることになる』と検事に言われ、(小沢被告の関与を認めた)供述を維持した」と話したことなどが記載されているが、取り調べを隠し録音した石川議員の記録には、こうした発言はなかった。昨年12月、小沢被告の公判で弁護側が指摘して明らかとなり、法廷で田代検事は「思い出して作成したので、記憶が混同した」と釈明した。
 
関係者によると、検察側は既に昨年1月の石川議員ら元秘書3人の公判前整理手続きで、弁護側が録音の記録を証拠提出したことで、報告書が違っていることを把握していた。
 
田代検事はこのときも地検に「記憶が混同した」などと説明したという。地検は「故意とは断定できない」などと判断し、調査を進めなかった。最高検にも食い違いがあることは報告されたが、上司らへの幅広い調査は行われなかった。
 
報告書は公判廷に提出されることを想定した調書とは異なり、内部的な書面という位置づけ。田代検事の報告書は検審に送付され、小沢被告を起訴すべきだとした2度目の議決の根拠の1つになったとされる。

|

« 小沢氏の言っている事はもっともシンプルな考えです | Main | 地上戦闘部隊をグアムなど国外へ 沖縄海兵隊で米打診と共同通信が報じました »