« 朝日新聞(2月24日) 小沢一郎民主党元代表に聞く | Main | 検察の小沢事件で捏造が発覚して無罪の可能性が高くなった途端に今度は財務省が動き出したと NEWSポストセブンが報じています »

TBS時事放談で司会の御厨 貴氏がついに小沢氏の無罪の可能性が強く成って来たと話しました

今日のTBS時事放談で司会の御厨 貴氏がついに小沢氏の無罪の可能性が強く成って来たと話しましたが、ゲストの野中 広務土地改良事業団体連合会会長理事や渡部 恒三民主党議員は全く反応しませんでした。

逆に野中氏などは小沢氏に対して敵意むき出しで非難していました。野中氏が小沢氏に対して敵意をむき出しに非難する理由は簡単です。
それは、野中氏が土地改良事業団体連合会会長理事で、農業政策の中で農業土木に使うお金が多すぎると国民から批判されている、団体の中心人物で、小沢氏が民主党幹事長時代に、その予算800億をバッサリと凍結した為です。

そして、野田総理を持ち上げるのは、今回成立した4次補正で凍結された800億が復活して、また農業土木農政を復活させた為です。
この事は、公共事業を少しでも知っている人であれば、簡単に解る事ですが、一般市民には、報道が正しく伝えない為に中々伝わらない様です。

また、小沢氏が消費税反対とばかり言っていると非難していましたが、それはインタビュ-を伝えた朝日新聞の記事を、利用して本当に小沢氏が言っている事の反対の事を言っているだけです。

小沢氏は、消費増税の前に国民と約束した事が有ると強く言っているだけです。
国(霞ヶ関)が持っている権限と財源を地方に渡せば、予算獲得の為に使われる無駄な予算が削られ、また官僚が天下りする特別会計の無駄使いも大きく削減されると言っています。

それをやった後、国民に消費増税をお願いするのが正しいやり方だとシンプルに言っているだけですが、それを全く違った伝え方をして、また間違ったとらえ方をする国民が多い事は国民自身にとって悲劇です。

|

« 朝日新聞(2月24日) 小沢一郎民主党元代表に聞く | Main | 検察の小沢事件で捏造が発覚して無罪の可能性が高くなった途端に今度は財務省が動き出したと NEWSポストセブンが報じています »