« 検察は小沢事件の検察審査会に送った捜査資料を知られる事を相当恐れているようです | Main | 東京地検が送付した捜査資料のリストを検察官役の指定弁護士は9日元代表の弁護団に開示しました »

この時期に共同通信のインタビュ-を受けた小沢一郎の真意は

朝日、読売等々が直接小沢一郎のインタビューに成功していない状況で、小沢一郎はネットメディアを通じて、一定の範囲で持論を展開していましたが、あくまで政治権力者としての露出がメインの目的でした。その為に、09年民主党マニュフェストの繰り返しの連続で、ブレナイと云う評価だけで未消化状態が続きました。

小沢一郎のような人物は“けじめ”を大切にする為に、自分自身の裁判に区切りがついたと感じていると思われます。一部のマスコミの中には、裁判が有利な方向で展開しているからと云う解説もありますが、多分小沢一郎は、それ程楽観はしていないと思われます。

東京地裁判決に関わらず、裁判で充分自分の主張は出来たと云う事が区切りに成ったと思われます。公判の行方は極めて政治性が強く、有利な状況だから無罪と素直な判決が出るとは限りません。あくまで小沢一郎自身の区切と思われます。

裁判結果については、此処から先は司法の範囲で、法廷闘争の段階は東京地裁の判決が出るまで、全く解りません。小沢一郎自身として裁判の、被告人質問が終わった時点で、政治権力闘争モードになったと思われます。

今回のインタビュ-は時事通信ではなく、各地方紙に記事を配信している共同通信を使った点も意味があり、東京だけが政治だと思っている、朝日や読売をスル―し、地方重視を印象づける狙いもあったと思われます。

共同通信インタビューでは、真の行政改革(革命的)は一つも行われていない。中央より地方がキーポイントだと語っています。すべての根源は既存の枠組みを壊す事であり、ハッキリ革命的だと言っています。この問題を経ずに、消費増税だけを声高に主張し、待ったなしの課題だと、幾ら野田総理が語ろうと、国会議決で反対すると明言しました。

最近の流れを見る限り、野田政権が、消費増税以外に確たる改革を示していないのは事実であり、此処から革命的行政改革を同時並行で打ち出すことは不可能と思われます。 その為に、野田総理はこの、財務省傀儡総理として消費増税に突き進むしか道が残されていません。

野田総理が法案提出に際し、「経済成長3%以上が2年間継続した場合」とか、「独立行政法人等々の官僚天下りがなくなった場合」とか、「一般会計、特別会計を含む複式簿記方式が導入された場合」とか、「財務省から国税庁を外し、社会保険機構を合わせた歳入庁の創設」とかの条件付きで、消費増税とでも言わない限り、野田総理が消費増税法案を可決する事は難しくなってきていると思われます。

野田総理の政治生命が終わるような、財務省傀儡内閣は重大なミスをしたわけですが、ヤケクソ解散の道は取り敢えず残されています。しかし、これを止めるのは小沢一郎では有りません。仙谷、岡田、前原、輿石などの現民主党執行部の仕事です。この人間達が、民主党の7割の衆議院議員から恨まれる解散総選挙の選択を認めるとはとても思えません。

自分の当選すら危うい状況で、死に物狂いで止めに掛かると思われます。これは、菅直人を降ろす時と同じような醜態を見る事が出来ると思われます。当時も、菅直人はヤケクソ解散の権利は持っていました。それと同じ構図が始まると思われます。小沢一郎の言う通り、そこまでヤケクソになれる政治家は殆どいないと思われます。その為小沢一郎の120人規模の造反宣言はインパクトが大きいと思われます。

噂ですが、共同通信のインタビューに続き、某大手テレビ局出演が決まったと流れています。この噂を聞きつけた産経新聞は、小沢の焦りが如実に出てきたなどとピント外れの歪曲憶測を三流政治評論家に言わせていますが、本当に非常識です。
 
小沢一郎の焦りは橋下や石原らの第三の政党など語っているマスコミも多い様ですが、橋下市長にしても国政に一大旋風を起こすほど自分を買い被ってはいないはずです。大阪人の乗りの良さと橋下相性が抜群だったと云う事で、国政能力に関しては未知数過ぎます。

石原新党はもっと簡単ではありません。マスコミは話題性が豊富な為に悪乗りして報道していますが、10人集まるかどうかと云うところだと思います。報道界の人気者で国会議員ゼロからの政党と寄せ集めて10人の新党に対して小沢一郎は現時点で120人の国会議員を擁しています。

民主党内は小沢一郎の野田消費増税への歴然たる反対姿勢に騒ぎ出しました。 3月中に、野田総理と財務省が余程小沢一郎が納得するような条件を出さない限り、野田内閣は法案提出を諦めるか、総辞職するしかなくなると云う事と思われます。

4月の小沢裁判がどのようになるか、仮に有罪と云う結論が出たら、これは小沢グループの団結が強まり、再び裁判所改革など、大きなウネリが巻き起こり、検察審査会の闇解明、国政調査権の連鎖で最高裁事務総局の闇の部分が表沙汰になると考えられます。

その時は、本当に我が国で革命が起きるかもしれません。

|

« 検察は小沢事件の検察審査会に送った捜査資料を知られる事を相当恐れているようです | Main | 東京地検が送付した捜査資料のリストを検察官役の指定弁護士は9日元代表の弁護団に開示しました »