« 石川知裕被告の供述調書の採用を東京地裁が採用の可否を決めるのが2月17日にせまっています | Main | この時期に共同通信のインタビュ-を受けた小沢一郎の真意は »

検察は小沢事件の検察審査会に送った捜査資料を知られる事を相当恐れているようです

小沢裁判で証言した田代検事が作成した供述調書が捏造と発覚した現在でも検察審査会に送った資料を開示出来ないと云う事は、主任弁護人の弘中惇一郎弁護士言う様に、「検察は都合の悪いものは出さない」と云う事は、その送られた捜査資料の中に知られては非常にまずいことが含まれていると考えられます。
 
陸山会公判、地検が資料開示拒否…弁護側は批判(読売新聞)

陛山会公判, 地検、資料開示拒む小沢氏側「悪質な証明妨害」(北海道新聞)

資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で、強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告(69)の弁護団が7日、東京・霞が関で記者会見し、東京第5検察審査会に送付された捜査資料のリストなどについて、東京地検が東京地裁の照会を拒否したと発表した。

回答は6日付で、小沢被告の弁護側は、現時点では拒否の理由が不明で、立証に支障が出るとして反発している。
小沢被告の公判では、陸山会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)(1審有罪・控訴)の取り調べ担当検事が作成した捜査報告書に虚偽があることが発覚した。弁護側は、この捜査報告書に基づく同審査会の起訴議決は無効だと主張。捜査報告書を含め、どのような捜査資料が同審査会の判断に影響した可能性があるのかを明らかにするため、地裁を通じてリスト開示を求めていた。
 
刑事訴訟法は、裁判所が刑事裁判の当事者からの請求などに基づき、官公庁や団体に対して資料の開示などを求めることができると定めている。弁護側からは「裁判所が立証に必要だとして開示を求めたものを拒否した例は聞いたことがなく、重大な問題だ」との声が上がっている。

弁護団によると、地検は6日付で地裁に拒否を説明する書面を提出。リストについては「検審に提出した資料は検察官役の指定弁護士に交付し、説明している」と提出を拒んだ。
     
主任弁護人の弘中惇一郎弁護士は「都合の悪いものを出さないというのは極めて悪質な証明妨害だ」と批判した。弁護団は公判で「虚偽の捜査報告書を根拠した検審の起訴議決は無効」として公訴棄却を求めており、主張に追加する方針。

|

« 石川知裕被告の供述調書の採用を東京地裁が採用の可否を決めるのが2月17日にせまっています | Main | この時期に共同通信のインタビュ-を受けた小沢一郎の真意は »