« 東京電力が全ての原発が停止しても今夏以上の5700万kw確保可能と認めました | Main | 吉田所長の病状は個人情報ですが今回の場合は所長の病状は個人情報と云うより国民に放射能の影響を知らせる為に必要な事と思います »

TPP参加で補助金漬けのアメリカ農業は除外され、金融、保険、医療分野が一番先に実行されると思われます

TPP参加で補助金漬けのアメリカ農業は除外され、金融、保険、医療分野が一番先に実行されると思われます。

そもそもTPP(環太平洋経済連携協定)とは何なのでしょうか。また、推進派も反対派も議論ばかりしていますが、もし実現したらどうなるのでしょうか。

アメリカも農業は、実際は補助金漬けで本当は弱い分野なので、TPPの交渉では強く出られない様です。農業「世界最弱」国の日本には攻め込めるが、競争力の強いオーストラリアの農作物に攻め込まれたら、アメリカの農業は壊滅すると予測されます。

その為に、既にアメリカは、TPP交渉の場でも砂糖や乳製品を例外にするよう主張し始めています、今後、交渉が本格化しましたら、農業分野では「逃げ」に回る可能性が大きいと思われます。

今後、アメリカは農業分野TPPから外して、金融分野、医療分野、健康保険分野を一番に主張して、日本が参加した時には、日本の財産を吸い上げるシステムが出来上がっていると思われます。
現在言われています、農業分野はアメリカの巧妙な目くらまし戦術で、実際の狙いは、崩壊したウオ-ル街の再生です。

今回のアメリカのTPP参加は、来年に迫ったアメリカ大統領選挙をオバマ大統領がTPPという太平洋地域限定の新しい仕掛けで、雇用創出を出来ると云うアナウンスをしたい思惑で・アメリカが便乗してきたと思われます。その結果日本が参加する事になれば、アメリカの狙い通り、郵貯マネ-や国民健康保険がアメリカに流出し、医療の自由診療が推進される事は間違いないと思われます。

|

« 東京電力が全ての原発が停止しても今夏以上の5700万kw確保可能と認めました | Main | 吉田所長の病状は個人情報ですが今回の場合は所長の病状は個人情報と云うより国民に放射能の影響を知らせる為に必要な事と思います »