« 原子力の戦後史 吉井英勝衆議院議員へのインタビュ-が北海道新聞に掲載されました | Main | 東京電力が全ての原発が停止しても今夏以上の5700万kw確保可能と認めました »

小沢氏「抜本改革なしでの消費税増税は反対」

昨日小沢一郎と田原総一郎氏の対談がニコニコ動画でおこなわれましたが、その中で一番印象に残った事は、消費税の増税に対する考えです。

小沢氏も今後消費税の増税が行われる事は避けられない事になるが、しかし民主党が国民と約束した、行政改革、地方への財源移譲、予算の組み替えが、全く行われていない中で、財務省主導で、社会保障と税の一体改革と云うキャンンペ-ンが行われ、官僚の無駄使いや、無駄な予算に切り込むことなく、国の負債が大きいと云うだけで、増税路線に向かうのは、今後も予算を使う官僚の思惑通り無駄使いが続く事になってしまうと強く思われました。

また、最初にやる事は、発想の転換で予算に優先順位をつけて、大幅な組み換え行って無駄をはぶいてから、国民に増税をお願いするのが本来の姿勢だとはっきり言える政治家はやはり、小沢一郎しかいないと強く感じました。

小沢氏「抜本改革なしでの消費税増税は反対」
民主党の小沢一郎元代表は19日夜、インターネットサイト「ニコニコ動画」の番組で、消費税率の引き上げについて「抜本改革を何もやらないで、ただ増税するのは反対だ。選挙の時に言っていた行財政の抜本改革はほとんどできていない。お金がないから消費税というのは国民に対しての背信行為だ」と反対の意向を示した。
 
消費増税を巡る12月の政府・民主党内の協議に影響を及ぼしそうだ。
 また、野田首相が日米首脳会談などで環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を表明したことに関連して「米国と日本国内でしゃべることを使い分けており、『いったいどっちなんだ』と信用をなくす。首相が『やる』と言うなら、『やる』とはっきり言えばいい」と批判した。
 
自らの新党結成の可能性に関しては「(自分は)後から民主党に合流したが、先頭に立って政権交代を実現した。できれば民主党が本来の原点に立ち戻って、国民の信用をもう一度回復できるようにしたい」と述べた。

|

« 原子力の戦後史 吉井英勝衆議院議員へのインタビュ-が北海道新聞に掲載されました | Main | 東京電力が全ての原発が停止しても今夏以上の5700万kw確保可能と認めました »