« 現民主党現執行部が小沢氏排除という事を行った事がいかに愚かなことだったかと云う事がはっきりしました | Main | 東京電力は24日、福島第1原発に最大15m超の高さの津波が押し寄せる可能性があることを08年に10メートル超を想定していました »

江川紹子氏がマスメディアに代わって陸山会裁判の真実報道

8月25日 江川紹子氏が、チェック機能放棄のマスメディアに代わって、陸山会裁判の真実報道!(週刊朝日)
http://civilopinions.main.jp/2011/08/825.html
8月22日 陸山会裁判の最終弁論が行われ、結審した。
9月26日には判決がなされる。
22日の結審の前に、江川紹子さんが、週刊朝日に2ページの文を寄稿していた。

<江川紹子氏が週刊朝日で、陸山会裁判の真実報道!>
週刊朝日9月2日号『「政治とカネ」裁きようのない茶番法廷』P32~33
陸山会裁判を総括した内容になっていて、陸山会事件の本質が理解できる。
ぜひ、お買い求め頂き読んで下さい。

記事の内容を要約すると

①陸山会裁判は小沢氏の「政治とカネ」を裁く裁判とは全く違う。マスメディアと裁判所が、検察側の戦略に乗って、収支報告書期ずれ記載程度のことを「政治とカネ」を象徴する事件に格上げした。

②検察の筋立てが殆んど破綻してしまった。
検察は「水谷建設から裏金が土地支払いに入っているので、記載を避けた」と主張するが、授受したとする10月15日以前に、4億円が銀行に入金され、そこから代金を支払われているので、裏金が混じる余地はない。
川村社長が「ホテルで現金渡した」といっているが、同行者も証人もいないし、証拠もない。

③検察が提出した供述調書の核心部分は、威圧、脅し、誘導で作成されたもので、裁判官から却下されている。

④裁判所は、捜査の実態が明かになるにつれ、チェック機関としての機能を取り戻しつつある。ところが、マスメディアは、裏金問題が起訴事実と無関係であることを無視し、検察のアンフェアな立証活動への批判がないまま。さらに、捜査機関に対する監視の役割を放棄し、検察情報を垂れ流すばかりか、誤報の訂正すらしない社もある。
マスメディアは大いに反省すべきだ。

<『週刊文春森功の法廷傍聴記「"小沢有罪"の3点セットが揃った」』と比較してみて>
以前以下のブログを掲載した。江川氏のものと比べて読んでほしい。
同じ裁判を傍聴して、この違いは何なのだろう。
『7月24日 エセ作家森巧、文芸春秋社、共同通信社、菅首相よ!ヤクザの言いがかり程度の「小沢バッシング」はもういい加減にやめろ!』
http://civilopinions.main.jp/2011/07/post_41.html

<8月22日最終弁論の内容>
7月26日の論告求刑で、検察は厚かましくも、実刑求刑を求めた。
弁護側の弁論を聴けば、検察のデッチあげの実態が分かると思い傍聴した。

江川紹子さんのツイッターより、陸山会裁判に於ける弁護側最終弁論(8/22)の詳報。

1)陸山会事件の裁判は、弁護人による最終弁論が行われ、結審した。大久保元秘書の弁護人は、政治資金収支報告書の作成や提出には一切関与せず、石川・池田両氏からの相談や報告も一切なかったと無罪を主張。さらに、西松事件では政治資金規正法の国会審理までさかのぼって、政治団体の定義を説明。

2)法律上問題のない政治団体から政治団体への寄付なのに、法律論よりも西松建設の「ダミー」「隠れ蓑」などという”一般用語”を多用している検察側は「規制法の規制の枠組みを正確に認識しないままで公訴提起に及んだもの」と批判。「罪とならないものを起訴した」と検察側をばっさり。

3)石川議員の弁護人も無罪を主張。「事案の実体は小沢議員とその政治団体の間のいわば内々の資金のやりくりに関するものにすぎない」のに「大疑獄事件であるかのごとき捜査が行われ」たとし、本件は水谷建設からの献金の自供をとるための「いわゆる別件逮捕勾留である」と検察側を批判した。

4)池田元秘書の弁護人も無罪主張。「検察側のストーリーを押しつけるための強引な取り調べが組織的に行われた」と東京地検特捜部の捜査を批判。池田氏は前任者からほとんど引き継ぎもないまま、自分で考えて最善を尽くしたとし、法律に違反するとしても罰金刑が相当と述べた(いささか弱気?)

5)石川議員、池田元秘書とも、大久保元秘書との共謀を否認。最終意見陳述で、大久保氏は「私が悪いことをしたとは思っていません。よろしくお願いします」と裁判所に一礼。石川氏は「誤解を与え世間を騒がせたことはお詫びしたい」としつつ、事件については「よかれと思って適切な処理をしていた」と

6)述べ、池田氏は「石川さんから引き継いだことを自分なりに考えて処理したつもり。大問題になって世間をお騒がせしたことは反省している」と語った。これで裁判は結審。判決は9月26日午後に言い渡される。

7)陸山会事件の裁判の立ち会い検事は4人だったが、小長光検事が抜け、斎藤検事が抜け、今日は市川、龍造寺両検事のみ。弁論聞くだけだからというのもあるだろうけど、なんとなく敗戦処理感も漂う検察官席でありました。

8)登石郁郎裁判長は、好奇心が旺盛というか、あるものは全部見たい聞きたい、という意欲的な訴訟指揮だった。検察に本件とは関係ない水谷建設の立証を許す一方、検察側が取り下げた前田検事による調書を職権で提出させ、弁護人が求めた取り調べ検事の過去の事件を取り寄せ…という感じ。
 
9)陸山会事件(たぶん虚構)について最後の方でぽそっと言う10時のNHKラジオニュース。姑息だ。西松事件(もうない)で、大久保逮捕の時はトップで華々しく伝えて、石川逮捕の時も華々しくやってたのに。

今回、マスコミは一切報道していませんが、大久保氏の弁護人が述べた(2)の記述は極めて重要です。
「検察側は、規正法の規制の枠組みを正確に認識しないままで公訴提起に及んだもので、罪とならないものを起訴した」 この指摘は「西松建設」事件のみならず「陸山会土地取引」事件に関しても、的確に言い表しています。
 
石川氏の弁護人は、ここからさらに一歩踏み込み「(罪とならないものを起訴した目的は)水谷家説からの献金の(虚偽)自供をとるための、いわば別件逮捕勾留である」とまで言い切っています。
 
検察側が、架空の犯罪「水谷建設からの裏献金」を捏造するために、犯罪にならない行為(政治団体からの合法な献金受領&法的に適正な報告書記載)に対して、これを「犯罪である」と強弁し、強引に起訴した…というのが本事案の本質です。
 
検察側のシナリオは「軽微な違反行為を追求していったら、重大な犯罪行為の発覚につながった」~「重大な犯罪行為の立証はできなかったが、軽微な違反行為が、この重大な犯罪行為を隠蔽するためのものであるとしたら、軽微だと言って看過するわけにはいかない」~「ゆえに、本来なら記載修正で済まされるべきことであるが、あえて刑事処罰を求めることは正当である」 …と言うものでしたが、弁護側の最終弁論では、上記の虚構が木っ端微塵に打ち破られてしまいました。
 
水谷建設からの「裏献金」に関して、特捜部は早い段階で川村証言を入手していましたが、この証言を裏付ける物証を積極的に収集しようとはしませんでした。 当時のマスコミ報道によると、「決定的な物証」が数多く存在していたと推認されるにもかかわらず…です。
 
おそらく特捜部は、それら「決定的な物証」が、水谷建設社内でしか通用しない、杜撰な偽装証拠であることを見破り、公判に提出すれば「墓穴を掘る」と考え、あえて収集しなかったのです。
 
「物証などなくても、自白調書さえあれば有罪にできる」…という認識は、検察共通の悪弊ですが、本事案で最も重要なことは、特捜部が「無実を確信」していながら、自白調書によって有罪を勝ち取ろうとしていたことが強く疑われる…という事実です。


<マスメディアはこの最終弁論をどう報じたか>

マスメディアの記者が大勢傍聴していた。記者達は、この裁判が検察のでっち上げにより、始まったことを知っている。それなのに、争点などと言う言葉を使って、検察の言い分を弁護側のそれと同じ扱いでまとめている。

新聞記事を読む限りでは、読者は真実が全くわからないと思う。極めて公正を欠く。


|

« 現民主党現執行部が小沢氏排除という事を行った事がいかに愚かなことだったかと云う事がはっきりしました | Main | 東京電力は24日、福島第1原発に最大15m超の高さの津波が押し寄せる可能性があることを08年に10メートル超を想定していました »