« 小沢総理待望論 | Main | 原発「安価」神話の嘘 »

石破氏「原発ゼロ賛同せず」と表明

石破氏「原発ゼロ賛同せず」と表明した事は、やはりと云う思いです。

あれほど、電力会社から組織的に個人献金を受けている政党では、脱原発に向かう事など無理と思っていました。

昨日の石破氏の発言は、予想通りの発言と思われます。
自民党は、今後、絶対的な安全な原発など存在しないと云う事も国民にきちんと説明してから、原発の安全性を高めて推進する政党と表明するべきです。

(北海道新聞7月28日)
石破氏「原発ゼロ賛同せず」党内の政策見直しに影響か

自民党の石破茂政調会長は27日、東京都内で講演し、「原子力発電のウエートは減らすベきだが、原発をゼロとすることには賛同しない」と述べ、将来も原発は維持すべきだとの考えを表明した。
 
福島第1原発事故後、自民党執行部で原発維持の方針を明言したのは初めて。石破氏は「安全性を極限まで高め使っていいかと国民に問いたい。最終的には国民の選択だ」

と述べ、世論の動向を重視する考えも示した。 自民党は「総合エネルギー政策特命委員会」(委員長・山本一太参院政審会長)で原子力を含むエネルギー致策の見直しを進めており、石破氏の発言は党内の論議にも影響を与えそうだ。

|

« 小沢総理待望論 | Main | 原発「安価」神話の嘘 »