« 自民党の支持率が民主党の大失政がありながらあまり上昇しない理由は石原幹事長の軽さからきている様です | Main | 石破氏「原発ゼロ賛同せず」と表明 »

小沢総理待望論

小沢総理待望論

菅の延命政権ため大震災の復興が遅々として進みません。そんな中、国民の間には刑事被告人でもあり、民主党から党員資格停止処分を受けた小沢一郎の「総理待望論」が高まるという現象が起きています。

小沢氏は「YAHOO!みんなの政治」の調査では「次の首相にふさわしいと思う政治家」の1位(27%)で、2位の石破(19%)、3位の前原(8%)を引き離し、ウェブサイト「BLOGOS」調査では、1人で59%のダントツ1位の支持を集めました。

一番不思議な事は、小沢潰しで世論操作してる大手マスコミもNHK(3位)、読売(4位)、産経(3位)と上位に顔を出している事です。

菅を支持する人間は殆んどいなくなりましたが、また、堂々と小沢氏をマスコミの中で支持する人はあまり見かけません。

世論調査やネットで何故、小沢氏に支持が集まるかと云う事は簡単です。現在の日本には、残念ながら小沢一郎を超える政治家がいないからです。

これほどの検察、マスコミの弾圧ににあっても動じない信念と哲学が感じられる政治家はほかには全くいませんし、検察の弾圧後も、小沢氏の発言は全くぶれていません。

アメリカ、中国に対しても常に一貫した主張を行っていますが、それが小沢氏排除につながったとも言いえると思います。また、その事はよほど小沢氏は怖れられている政治家と云う事になります。

更には、菅・仙谷・検察審査会の陰謀によって劣悪な環境に陥れられても戦う信念が衰えません。それを、証明するのが党員資格が無くなっても小沢氏と行動をともにする議員が多数いることです。

彼には実績、実力ともに備わっています。現在の日本で彼を凌駕する政治家が日本にいるでしょうか。いるとすれば、支持率がマイナスに成っても辞めないと公言し権力の座にしがみつき、延命策の為に脱原発を次々と打ち出す菅総理くらいなものです。

石にかじりついても、辞めず、世論が脱原発と見れば、閣僚の支持など全く気にすることなく、自分の思いを簡単に述べられる政治家 菅総理に比べますと、石破、前原などは本当に小粒の政治家に見えます。
しかし、この一時しのぎの政策では日本は外国との交渉は全く進まず、経済も疲弊したままだと思います。菅総理には、根拠など示す必要は有りません、日本に脱原発と云う世論の流れを作り、政界で唯一残された王道政治家・小沢一郎にその実現を託してほしいと思います。

(7月27日 読売新聞 )
小沢グループ、3夜連続会合…結束力アピールへ
 民主党の小沢一郎元代表のグループが「ポスト菅」を選ぶ党代表選をにらみ、そろりと動き始めた。
 元代表は26日夜から3夜連続で、自らに近い衆院当選1回生でつくる「北辰会」メンバー(約50人)と懇談する。退陣を明確にしない菅首相と、2009年衆院選政権公約(マニフェスト)の財源見通しの甘さを謝罪した岡田幹事長らにしびれを切らした格好で、党内最大グループとしての結束力をアピールする構えだ。
 元代表は26日夜、都内の日本料理店での懇談で、首相の居座りについて「すごい神経だ。まともな神経ならとうに辞めている。逆に感心してしまう」と漏らしたという。これに先立ち、元代表は国会内で原口一博前総務相と会談し、岡田氏の謝罪について「国会対策のための見直しはやるべきでない」との認識で一致した。


|

« 自民党の支持率が民主党の大失政がありながらあまり上昇しない理由は石原幹事長の軽さからきている様です | Main | 石破氏「原発ゼロ賛同せず」と表明 »