« 浜岡を停止から廃炉に | Main | AP通信が安全基準を緩和するよう原子力規制委員会が業界と共謀していることを暴露しました »

現在の菅執行部と自民党が殆ど変わらなく見えるのは何故かと考えてみました

現在の菅執行部と自民党が殆ど変わらなく見えるのは、何故かと考えてみました。

それは、先日の朝まで生テレビを見て、その答えが解った様に思えます。

現在の菅執行部は政権発足時から脱小沢路線で、また現在の自民党執行部も、小沢氏だけは排除したいと云う、脱小沢路線です。その為に現民主党執行部と殆ど違いが見えてきません。

政策においても、震災対策などは殆ど同じ内容で、震災の為に起きた原発事故が収束すれば、すぐに停止している原発の再稼働を考えているようです。

また、自公が言うバラマキ4Kなども、実際はバラマキでは無いのですが、その言葉だけが一人歩きして、民主党執行部も殆ど自公の案に近づいています。

この様に自公の案に近づくのなら、それは総選挙を経てから行うものです。国民との約束を勝手に起き去り、法案が通らないからと言って、国民との約束を反故にしてよいはずがありません。

子供手当を批判する自民党は20年前から始まった少子高齢化対策に殆ど有効な政策を行って来ませんでした。その自民党が、民主党の言う子供手当に反対し、従来の児童手当を若干手直しした制度を要求することは、自分達の政策の失敗を隠すために、行っているとしか思えません。これは詐欺師が、自分の罪を少しでも他人のせいにして、隠れようとしている姿に見えます。

自公が言っている児童手当が本当に有効であれば、この様な少子高齢化は招かなかったはずです。自公が子供手当の批判を言っているのは、財源の問題では無く、現民主党執行部と小沢派と分断させる為と思われます。

しかし、この分断作戦を同じ様な詐欺師菅総理が見逃すはずは有りません。
自民党と小沢グル-プが一緒に成らなければ、野党である自公は何も怖くなく、党内の小沢グル-プも押さえ込め、また菅執行部の菅降ろしも簡単に封じることができると考えてたと思います。

このままでは、菅は現在の総理の座に居座り続けると予測されます。この状態が続けば続くほど、国民は不幸に成って行くと思われます。

自民党は従来の怨念を捨てて、小沢グル-プとの結束を見せることによって、菅総理の孤立化をはかり、一日でも早く菅を降ろして、日本の為に働くべきです。

朝まで生テレビで次の総理はと云う質問で、小沢氏が一番に成りました。
ネットなどでは断然一位ですが、夜遅い番組とはいえ、地上波で一位に成った事を民主党、自民党ももっと重く考えるべきです。

よく、菅総理を降ろしてても、次になる総理がいないなどと云う人がいますが、それはあえ小沢氏と云う名前を出したくないだけです。また誰がなっても同じだと云う人も、現状肯定派の人々です。会社などで、社長が変わればその会社は大きく変わります。

また、自民党は民主党は政策を誰が決定しているのか解らなく、またその決定も遅いと批判しますが、実際にその通りと思います。これもすべて、総理の資質が無い人間が内閣のトップにいる為と思われます。

これからの政党は本当に近い政策集団でまとまることが一番大切で、利権だけでまとまっていた政党は解党すべきと思います。

その政策は、官僚の既得権益を排除し、対米従属から脱却し、当面の政策は自然エネルギ-の確立と脱原発を柱にした政党と、町村信孝議員の様に、札幌市長が脱原発を表明した事を批判する様な従来の官僚と共存し対米従属を続け、原発推進の政党にわかれるべきです。

日本の政党は考えの違う人々が、一緒にいる為に政策があまりにも解りずらくなっています。もっとすっきりした2大政党が出来なければ、世界と戦う日本の再生は有りあないと思います。

|

« 浜岡を停止から廃炉に | Main | AP通信が安全基準を緩和するよう原子力規制委員会が業界と共謀していることを暴露しました »