« 日本を動かす中枢が目には見えないある力(催眠状態)によって動いている | Main | 菅内閣になってマスコミ幹部への機密費接待増えたとの証言 »

詐欺師が国のリ-ダ-に成った時、その国は滅亡を迎える事は、歴史が証明しています

 今回の内閣不信任案を少し斜めから見て色々な事を推測してみました。

そこから私が見えた、内閣不信任案の否決は菅政権を支持した否決では無いと云う事です。それは、政治空白を作らずに菅総理を辞めさせるための否決と云う思惑が隠されていると云う事を感じました。

そして菅総理が延命のために策を弄すればするだけ自分の首を絞める事に成ると云う事です。事実不信任案否決直後から、菅総理とその周辺は延命のための策を弄し始めました。
 
鳩山前総理が口頭で今月中の辞任を迫ったとされる合意書には「退陣」の「た」の字もありません。 しかし、議員総会で述べた事は、誰が見てもすぐに退陣すると云う事が示唆していました。来年復興のめどがついた時点で退陣するつもりであれば、あのような議員総会での発言など全く必要がありません。あのような、殆ど退陣表明と思われる発言をした為に不信任案は大差で否決されました。

また、逆に大差で否決される必要があったと思われます。
何故なら、大差の否決は菅総理の心に「延命可能」の思惑が生まれ、延命のための愚策を誘います。
この大差の否決の裏には小沢一郎氏の指示があったと言われています。「自主判断」の指示がなければ大差の否決にはなりませんでした。

合意書には「退陣」は書かれていませんが、当然、不信任案は大差で否決されました。その時に、菅総理の表情に笑みが生まれました。これが詐欺師が自らの策に溺れてほころびを見せた時の顔です。
その為に、すぐに菅総理は鳩山前総理との口頭での約束を反故にし、原子炉の冷却停止のめどがつく「来年1月」を退陣の時期と明言してしまいました。しかし原子炉の冷却停止が来年1月に出来るかどうかは誰にも分かりません。ズルズル延びる可能性もあり、菅総理はいつまでも居座る事が出来る事になります。
 
そして、不信任案否決直後に岡田幹事長や枝野官房長官ら菅総理の周辺は「合意書にある事は退陣の条件ではない」と一斉に鳩山発言を否定しました。
この事を聞いた鳩山前総理は「嘘です」と呼び、次の日には、菅総理をペテンシ詐欺師と呼びました。現職の総理、官房長官、与党幹事長を「嘘つき、詐欺師」と断じたのですから、この事はすぐに日本では「詐欺師」が権力を握っていると云う事が、世界中に伝わりました。 

しかし、菅総理の発言は「総理退陣表明」でニュース速報や号外を出したメディアは非常に困り、来年までズルズル居座られると立場が無くなると言う話になりました。

これを見て鳩山前総理の言う「詐欺師」たちは行動を開始しました。退陣時期を8月に前倒しすると言い出したのです。
 メディアは「総理周辺が菅離れを起こした」と書きましたがそうではありません。
これは「大連立」を目指した為です。菅総理は鳩山前総理との約束どおり今月中に退陣させ、そして「小沢抜き大連立」を図ろうと画策したのです。

大臣ポストと民主党マニフェストの破棄を言う事で、内閣不信任案で共同歩調を取った自公と民主党内小沢グループの間に楔を打ち込み、菅総理だけを排除し、総理周辺は生き残り、菅退陣後の影響力を確保しようと動きに出始めましました。

この事は、一見与野党が協調する体制を作るかのように見えますが、まったくそうではありません。マニフェストの異なる政治勢力が連立を組むためにはそれなりの手続きが必要です。
 
自民党の谷垣総裁が「新しい民主党代表が決まらなければその話をする事は出来ない」と言うのは全くその通りです。
また、国民が選んだマニフェストを変えるには国民の理解を得る必要があります。

この時期に選挙をやる訳にはいきませんので、国会議員が有権者の意見を聞きながら党内で調整を図っていく必要があります。
 
与野党協調の道は「大連立」ではありません。これまで協調体制を作る姿勢をまるで見せなかった菅総理を退場させ、全政治勢力が結集して「復興のための臨時政権」を作る事です。この場合、マニフェストを変える必要も有りません。復興のための組織に超党派で適材適所の人物配置を行なえば良いだけの話です。
 
復興のための組織は時限的なもので、復興の道筋が出来れば解散する事をとり決めて政権を発足させるだけです。

現状の菅政権では国民経済にも被災者の救済にも見通しが立たないため、今回の不信任案提出問題が起きました。それが不信任案を可決しようとした与野党の共通認識と思われます。「大連立」などを組まなくとも、すでに与野党には共通認識と協調姿勢があります、政治空白を作らずに復興作業を行う組織を作る事は簡単に出来ると思われます。
 
鳩山前総理の言う「詐欺師」たちは「大連立」を提案すれば時間稼ぎが出来ると思っているのかもしれませんが、「大連立」で無駄に時間を浪費する余裕など日本には全くありません。

|

« 日本を動かす中枢が目には見えないある力(催眠状態)によって動いている | Main | 菅内閣になってマスコミ幹部への機密費接待増えたとの証言 »