« 小沢一郎が菅内閣の原発事故の対応についてきっこさんがつぶやいています | Main | ドサクサに紛れて東京地検特捜部が、かんぽの宿不正売却問題で特別背任未遂で告訴されていた西川善文ら3人を不起訴にしました »

救国政権には小沢氏を起用するしかないがそれには障害を取り除かなければならない

民主党の小沢元代表は、岩手県を訪れ、達増知事と会談し、達増知事は、東北関東大震災の復興を急ぐためには従来のやり方にとらわれない国の予算措置が必要だと訴えました。


民主党の小沢元代表は、東北関東大震災後、初めて地元の岩手県に入り、達増知事と県庁で会談し、この中で、達増知事は「被害が大きいうえ、地域で実情が異なるので、県や市町村が状況に応じて使える予算措置をしてほしい」と述べ、復興を急ぐためには、従来のやり方にとらわれない国の予算措置が必要だと訴えました。これに対し、小沢氏は「復興には巨額な予算が必要になるので、国も従来の考え方や手法を超えて、バックアップしなければならない」と述べました。
このあと、小沢氏は、記者団に対し、「岩手は自分のふるさとなので、政府の立場にはないが、自分なりに復興に向けて努力していきたい」と述べました。
また、小沢氏は、福島第一原子力発電所の事故に関連して「放射能汚染が深刻な状態になると、日本沈没という話になるので、政府は国民にきちんと事実を伝え、大至急、総力を挙げて取り組んでほしい」と述べました。
しかし、小沢氏が表に立って行動することがかなり難しいと云う解説を見つけました。
小沢一郎に復興だけ任せる?そんなの駄目だろう、菅直人が首相である限り

あちこちで、小沢一郎待望論が出ている。多くは震災した東北の復旧復興のために一肌脱いで欲しい、脱ぐべきだ、と云う論調だ。気持は勿論理解する。

しかし残念だが、それは無駄だと思う。菅と云う男が復興のすべてを小沢に託すような度量はまったくないからだ。また、菅・仙谷・岡田体制が、現実的に小沢一郎の党員資格停止を解除することはあり得ない。つまり、菅直人と云う男を政権の座に座らせている限り、小沢であれ、亀井であれ、菅政権を援ける事は無理なのだ。

ここで、菅相手に国難ゆえに等と云う正論を吐いても、虚しく木魂が返ってくるだけだ。 検審起訴と云うイレギュラーな起訴であっても、刑事被告人と云う立場は変わらない。小沢が剛腕を発揮出来るのは、内閣総理大臣乃至は小沢と日本の方向性を一とする政治集団が形成されない限り、官僚を動かし切るのは難しい。

どのような政策であれ、復興ビジョンであれ、全責任を引き受けられる立場でないと、官僚は動かない。小沢一郎はビジョンを持つ有能で剛腕な政治家だが、命令一下、事を可及的速やかに実行するには、それなりのポジションと権限が必要なのは当然だ。心意気だけでどうなるものでもない。

正直、このような国難的甚大災害の復興には、壮大なスケールのビジョンが必要であり、それに見合う資金が必要だ。その難事業の旗振りの頭に、キチガイ菅がいると云う図式は、絶対にあり得ない。不用意に手を上げられる状況ではない。菅が総理である間、小沢は裏に回って、黙々努力する以外にないのが現状だ。あまり無茶を言ってもはじまらないだろう。

おそらく菅はズタボロになっても自ら総理の座を降りる事はない。野党が菅直人では日本が沈没する、と心おきなく発言できる土壌が出来ない限り、菅政権は続く。野党は大災害を理由に、菅政権打倒を先送りしたわけだが、統一地方選中は休戦と云う政治的配慮が色濃く見えている。野党議員が被災地を走りまわるのも、単に被災者支援と善意に解釈も出来ないのである。

しかし、4月一杯災害時を理由に災害支援・復旧復興と云う行動が菅引き籠り政権の温存で、後手後手に回ることは、被災者にとって呆れるほどの不幸に繋がるものである。500億の予算とか、2千億の予算とか、屁の役にも立たない予算を計上したり、新聞記事にすること自体恥ずかしくなるような予算額を口にするのだから、政治的センスも、人の心を掻き立てるセンスもゼロなのが、クリーンな菅政権の特長である。

大災害による国難と馬鹿電気屋の人災のお陰で、表立って政局を口にするのが幅ったい状況になっているのは辛いところである。故に、亀井静香言うところの「救国内閣」と云う選択になっているのだろう。しかし、亀井とて、菅直人が頭で、事が上手くいくとは考えていないのではないだろうか?

「救国内閣」を旗印に、戦中派議員の底力を見せつけようとしている可能性が高い。「戦争を知らない子供たち」に任せておけないと云う心情が現れている。(笑) ただ笛吹きの顔が悪いのか、中々誰も踊りださないのが悩ましい。本来の主義主張は違うだろうが、焼け跡派と呼ばれる人々や首相経験者らが、英知を結集し、「時限的救国政権」の樹立に立ちあがり、菅直人を引きずり降ろすのが、妥当な流れなのではないだろうか。

鳩山由紀夫、小沢一郎、亀井静香、平沼赳夫、谷垣等が私心を捨て、日本の再興に立ちあがる気になれば、菅直人を蟄居させられる。

「時限的救国政権」は名前を聞いただけでも、トンデモナイ保守民族派政権になるようだが(笑)、少なくとも菅政権よりは確実に仕事をするだろう。官僚を動かすか動かされるか別にして、霞が関は協力を惜しまない筈だ。仙谷が官僚の受けが良いとマスコミが書いているが、菅直人に比べてと云う意味である。

子供は、双六ではないが「一回ヤスミ」が良い。戦後の敗戦で苦汁をなめた人々に、ひと汗流して貰おうではないか。 筆者が以上のような怖ろしき面々に「時限的救国政権」委ねる理由は三つある。第一が菅直人の退陣、第二が財務省の解体、第三に超大胆な災害復興策である。つでに外務省も解体して貰おうか(笑)この面々が全員内閣に入れと言っているわけではない。彼等が寄って多かって、菅を引きずり降ろせと言っている。誰が首相になるか、誰が何大臣になるか、適材適所の現役議員や民間人登用も自在に行えば良い。兎に角、菅直人を引きずり降ろさない限り、日本には疫病神がくっ付いて離れない。それからだ、小沢や亀井が役に立つのは。

|

« 小沢一郎が菅内閣の原発事故の対応についてきっこさんがつぶやいています | Main | ドサクサに紛れて東京地検特捜部が、かんぽの宿不正売却問題で特別背任未遂で告訴されていた西川善文ら3人を不起訴にしました »