« 在沖縄米国総領事は普天間基地を佐賀空港に移転したらどうかと提案したが外務省も防衛省も何も反応してこなかった | Main | 自民党の橋本がく氏が子供手当を麻薬患者に例えてツイ-トしました »

東京地裁で公判中の「陸山会事件」は意外な事実が次々に明らかになり「村木事件」と同じように「拷問」に近い取り調べで調書が作られていた可能性が高い

小沢無罪強まる〟 陸山会政治資金報告書はどうつくられたか 『日刊ゲンダイ』 2月26日
2011年(平成23年)2月26日発行
 小沢無罪強まる 陸山会政治資金報告書はどうつくられたか
 東京地裁で公判中の「陸山会事件」は一昨日に続き、きのう(25日)も衆院議員の石川知裕被告(37)や、池田光智被告(33)の被告人質問が行われた。意外な事実が次々に明らかになっている。
「何を言っても聞いてくれなかった」(石川)「否定しても『記憶にない部分を埋めるのが我々の仕事』『あなたはウソを言っているのと同じ』と言われた」(池田)2人の法廷証言で明らかになったのは、結論ありき、筋書きありきで突き進む特捜部の倣慢さだ。「村木事件」と同じように、「拷問」に近い取り調べで調書が作られていた可能性が高い。
「これは小沢裁判でも相当、有利な材料になるでしょう。小沢の強制起訴を決めた東京第5検番の議決は、石川の調書を『信用性が認められる』と判断した。その〝唯一〟の材料の供述が『自白を強要された』となれば、議決の根拠が吹っ飛んでしまいます。実際、石川が再聴取時に録音したICレコーダーには、検事が『否定することは火に油を注ぐことになる』などと〝脅迫〟する様子が残っています」(司法ジャーナリスト)
 供述だけではない。東京第5検害の議決は、小沢が石川らと「共謀」し、主導していたかのような内容だったが、2人とも「(小沢に虚偽記載の)報告もしていないし、了承も得ていない」(石川)、「報告しても小沢議員はよく分からなかっただろう」(池田)と全面否定なのだ。
「公判では、石川や池田の政治資金収支報告書作成に対する意識の低さも露呈しました。石川は『簿外』や『債務名義』といった経理の言葉の意味さえ知らず、収支報告書についても『作成は業務の一環だったが、重要視していなかった』と本音を漏らした。要するに『陸山会事件』は、会計知識のない石川らが、それまでの慣例や場当たり的な対応で報告書を作った単純ミスが発端とみていい。検察は小沢事務所が巧妙に偽装工作したとみていたようですが、実態は全く違った。とても犯意があったとは思えません」(司法記者)
 小沢の「共謀」を完全否定
 公判を傍聴した弁護士は次のように感想を漏らした。
「被告の証言を聞く限り、収支報告書は3月になると『エイヤッ』と義務的な感覚で作っていたのでしょう。会計知識もない人が、うろ覚えの記憶と勝手な判断で作るのだから間違うのは当然です。これは陸山会に限らず、他の政治団体も同様ではないか」
「陸山会事件」のこれまでの公判を見る限り、検察に〝隠し玉〟があるとは思えない。それにしても、一連の騒動は一体何だったのか。
 捜査を主導した当時の東京地検の検事らは、今は誰もいない。特捜部長だった佐久間達哉は大津地検、次席検事だった谷川恒太は宇都宮地検のそれぞれ検事正になり、筋書きを作ったとされる吉田正喜検事も飛ばされた。
 このまま無罪なら、誰がどう責任を取るのか。
また石川知裕第二回公判傍聴を江川紹子さんがつぶやいています
石川議員への検察側の被告人質問は、検察のモノの考え方と秘書当時の石川議員の発想や感覚の違いが非常に分かりやすい形で浮き彫りになったように思う。

つまり、人は常に合理的な判断の下で動き、その行動には規則性があり、政治家の事務所組織出あり、その中で人は上下の関係があって指揮命令系統があって、指示と報告がなされ、システマティックに機能している、と考える検察。

一方の石川議員側は、結構思いつきで行動することもあり、事務所に先に入った者と年齢が上のものではどっちが上司部下という明確な違いも感じていない。
収支報告書の記載についても、検察は、政治家秘書として最重要任務であるかのように考えているように見えるがと、石川被告の様子からは、たくさんの仕事を抱える中で、記載漏れや不正がなく最後の数字がきちんと合っていること
(のみ)に関心が向いていた感じ。検察が描く政治家秘書像と本人が語る実像のギャップが大きい。

さて、午後の傍聴裁判終わった。非常に興味深かった。
帰ってから報告する。裁判の勝敗で言うと、石川議員と池田秘書に関しては、なんとも言えない感じ。形式的な違法を認定して有罪判決書くことは可能かと

RT @LedLine 初公判で特捜側のTKO負けが見えてしまっており検察側の反対尋問があると聞いても緊張感がない

陸山会事件の裁判午後の部。石川議員の後任として小沢氏の5政治団体の会計を担当していた池田元秘書への被告人質問。弁護人と池田氏のやりとりで、
検察やマスコミが描く政治家秘書像、小沢事務所像、さらに政治資金報告書の作られ方と、現実のギャップがますます明らかになっていった。

金庫番のわりに、引き継ぎはかなりアバウト。石川議員は自分の立候補準備で忙しく、小沢氏から借りた4億円をどう処理したかなど、詳細は伝えられていなかった。なので、石川議員は定期預金にしたのが小沢氏のお金という認識だったのに対し、池田氏は5団体に分散して預けてある、と思い、
いつでも返せるように5団体合わせて常に4億円はキープするように心がけた、と。
池田氏にとって石川氏は大学の部活の怖い先輩で、おまけに選挙のことでピリピリしている時期だったので、分からないことがあっても、なかなか問い合わせができなかった、という。政治資金報告書を作ったら、収支が合わなくなったので石川氏に電話をしたら、「私はちゃんと処理してた」と言われたので、これ以上聞けず、同じ小沢氏の団体の中での資金を融通しあったのがちゃんと記録されていなかったのだろうと判断。それぞれの預金通帳(20口座以上)を突き合わせ、辻褄が合うように寄付金として処理といっても、本人は5団体すべての会計を任され、事実上財布は一つなので、それが問題とは感じていない。

石川議員も5団体は結局一つの組織で、その間では「右のポケットから左に移すように」お金が移動していたことを語っていた。一方、検察は団体間の金の移動は厳格に処理すべきという立場。

それにしても、なんで年度末の締め切り間際になって慌ててこういう作業をするのか。池田氏は、会計担当者といっても、選挙や小沢議員の車の運転、国際交流や後援者との対応など外の活動が優先され、政治資金報告書は締め切りの3月31日の間際になってバタバタと作業をするためだった、と説明。

報告書について小沢氏に報告することはなく、「見せろとか聞かれたりしたこともない。(小沢氏は)そういう形式的なことに興味は持たれないので」。
小沢氏には年末に5団体合わせた収支の数字を報告するだけだった、と。
石川氏も池田氏、大久保元秘書と小沢氏へは何も報告していなかったと言う。

小沢氏は、ロッキード事件の裁判傍聴などの経験から、自分が訴追を受けないよう、きっちり対策をしているのかと思ったが、そうでもないみたい。
むしろ、会計担当も専門的な知識などない(用語すら知らない)者に会計の全権を任せ、こまめに帳簿を付けているわけでもなく、実にアバウトな感じ。

引き継ぎがしっかりできていないまま、マスコミからの問い合わせにも、自分の認識で答えるので、後から矛盾も出てくる。マスコミ報道を通じて
私なりに作っていた小沢事務所のイメージは、金に関しては緻密で老練な組織という感じだったが、それは実態と随分違いそうだ。

ちなみに、政治資金報告書を締め切り間際にドタバタ作る様は、確定申告の間際とよく似ている、と思った。検察官、それに新聞テレビの記者の多くは、確定申告をやったことがないから、そのドタバタ感が実感として分からないのではないか。

池田氏も、捜査段階では大久保氏や小沢氏への報告を認めるような調書が作成されている。なぜそういう調書ができたのか。弁護側の問いに、池田氏は自身が受けた取り調べの状況を詳細に語った。担当したハチスカ検事は、しばしば「可能性」という言葉を使って、池田氏を追い詰めた、という。

「私が『記憶がない』と申し上げると、『可能性も否定するのか。それは嘘を言うのと一緒だ』と言われ、私は真実を認めて欲しかったので『100%ないとは言い切れない』と言うと、調書では「あった」ということにされて、
大久保さんや小沢代議士に報告した、となってしまった」

「私が『記憶がない』と言うと、検事は『あなたが記憶ないというのにつきあっていられない。記憶ない部分を埋めるのが私の仕事だ』と。事実と違う調書について訂正を求めても、『あなたの記憶が曖昧。記憶がはっきりしたら訂正する』と言って訂正してくれなかった」。

その後、ハナザキ検事に代わったので、また訂正を求めたら、「担当が代わったら態度を変えるのか。俺をなめくさっとるのか」と怒鳴られた、と。「もしかしたら話を聞いてくれる検事になるかなと期待したら、もっときつかったのでがっかりした」この検事には何度も大声で怒鳴られた、と。

取り調べは、連日深夜に及んだ。1月28日は朝10時50分から
夜の0時7分まで断続的に4回に渡って取り調べがあった。
それでも、この時は調書への署名を拒否していたが、翌日、心身共の疲れ、「心が折れてしまった」。前日拒否した調書に署名。以後、全く抵抗しなくなった。

弁護士宛ての手紙より<署名しないと検事が「保釈はない」「勾留期間が延びる」「他の人たちの取り調べもきつくなる」「再逮捕と別件でできる」と言われ、素直に言えば「悪いようにしない」などと甘い言葉を繰り返し言われ、早くこの苦しい状況から楽になりたくて>署名してしまったと。

弁護人について、ハチスカ検事は「弁護士の言うことを聞いているとろくなことにならない」と毎日言われた。ハナサキ検事も「弁護士は何も分かないんだから。あなたのことを決めるのは私たちだから言う通りにした方がいいぞ」と言われたと。

実は池田被告は、逮捕前の任意で被疑者として取り調べられた時に、曖昧な表現ながら大久保元秘書への報告を認める調書を作成している。
それは「検事の作文」だったが、全く違うことなので、まさかそれで大久保逮捕になるとは夢にも思わなかった、と。しかし、それで大久保氏は逮捕された。

池田はそれが申し訳なく思い、逮捕されてからは自分についての記述は
認めても大久保への報告はしばらく否認していた。しかし、「検事から「『大久保さんは私から報告を受けた』と言われた。大久保さんにはどうお詫びをしていいかという思う一方で、

私をかばうためにそういう供述をしてくれているんだから、大久保さんに甘えてしまっていいのかなとも思った」。以後完全自供となったのは、「心が折れてしまった」。検事からは「あなただけ遅れている」と言われ、私が認めないと捜査が続いて他の2人にも迷惑をかけるのではないかと思った」と

こうした取り調べ方法について、後日証人として出廷する検事たちはどのように証言するのか興味深い。もし、池田氏が話した通りであれば、相当に問題のある取り調べだったということになる。異なる証言になるのであれば、やはり取り調べの全面可視化は必要だ。(おわり)

|

« 在沖縄米国総領事は普天間基地を佐賀空港に移転したらどうかと提案したが外務省も防衛省も何も反応してこなかった | Main | 自民党の橋本がく氏が子供手当を麻薬患者に例えてツイ-トしました »