« 、政治資金規正法は外資50%超の大企業の献金は合法と云う全く矛盾した法律と云う事が解りました | Main | 福島第一原発は元々津波に弱いと国会で指摘され今回の地震による原発事故だけは人災です »

大震災から1週間が過ぎて

この一週間、被害を受けた地域と連絡をとる事ばかりに集中し、他の情報は殆ど耳に入りませんでした。

政府や東京電力の対応のまずさ、みずほ銀行のシステムダウンなどに対しても、被災地との連絡をとる事だけに集中していましたので、あまり深く考える事もありませんでした。

しかし、この1週間で、一番腹立たしい言葉は石原都知事の天罰発言でした。真意が伝わらなかったと、その後発言を撤回した様ですが、被害を受けた地域には、日常の情報さえ届かない状態の時に、真意など伝わるはずが有りません。伝わるのは、ただ石原と云う男が天罰と云う発言をしたと云う事だけです。
この様な男は、二度と政治の世界に戻してはいけないと強く感じました。

また、この国に一番欠けている、官庁は防災省と云う事も強く感じました。普段の災害ですと、国土交通省や農林水産省などが、自分達の省の管轄を復旧するのですが、この様な大災害の時は一元的に統括する防災省が必要と強く感じました。

地震や大雨だけではなく、人や家畜などの伝染病に対しても対応する特別な官庁が必要と感じました。総理大臣や官邸に急に危機管理対策をさせても、専門性に乏しいので、ただ現場からの報告をそのまま発表する事に成ってしまいます。

防災省が全ての指揮権を持って、各自治体・自衛隊・警察・消防・電力・食糧・燃料・ガス・水道・運輸などを管轄しているところを統括すべきです。

これには、普段からの準備が必要です。

|

« 、政治資金規正法は外資50%超の大企業の献金は合法と云う全く矛盾した法律と云う事が解りました | Main | 福島第一原発は元々津波に弱いと国会で指摘され今回の地震による原発事故だけは人災です »