« 日本、原子力発電不足分補う石油火力発電の余剰ある=IEAと発表されました | Main | 救国政権には小沢氏を起用するしかないがそれには障害を取り除かなければならない »

小沢一郎が菅内閣の原発事故の対応についてきっこさんがつぶやいています






kikko_no_blog きっこさんがつぶやいています。
小沢一郎が菅内閣の原発事故の対応について「事実を直接知りうる立場にないが、2週間以上たって制御不能なのは世界でも例がない。最悪の事態になれば日本沈没の話になってしまう」と発言。

また小沢氏を批判的する勢力は、今小沢は何をしていると言いますが、党員資格停止にして無役の一国会議員にし、また捏造による被告人にしたのは誰でしょうか。

時事通信が次の様に報道しました。
原発事故「明確な話避けてた」=政府、東電を批判―小沢氏
 民主党の小沢一郎元代表は28日午前、東京電力福島第1原発の事故に関し「原子力の溶融がずっと前から指摘されていたが、原子力安全・保安院、東電、内閣は明確な話を避けてきた」と述べ、政府や東電の対応を厳しく批判した。岩手県庁で達増拓也岩手県知事と会談後に記者団に語った。
 小沢氏は、現在の事故対応について「思い切った手だてなしに(原発に)水を入れる、バルブを開けることを繰り返せば、放射能は広範囲に飛散し、汚染が広まることがある」と疑問を呈すとともに、「(政府は)国民、地域の皆さんに正直に話をして、理解を求めた上で、思い切った作業をするべきだ。このままずるずる行ってしまうと日本全体がめちゃくちゃになる」と強調した。

|

« 日本、原子力発電不足分補う石油火力発電の余剰ある=IEAと発表されました | Main | 救国政権には小沢氏を起用するしかないがそれには障害を取り除かなければならない »