« 宮内庁の羽毛田信吾長官の1昨年の発言は大嘘だった | Main | 小沢氏の検察審起訴が決まりましたがその裁判に重大な影響を与えると思われる石川議員再聴取の全容が判明しました »

やはり産経新聞系は屋山太郎氏の様な毒まんじゅうを沢山食べた評論家の言葉を載せました

やはり産経新聞系は、屋山太郎氏の様な毒まんじゅうを沢山食べた評論家の言葉を載せ、一行政官僚である羽毛田長官が「国際親善のありよう」を自分が決めると言っている事を全く無視して、「小沢氏には、皇室に対する尊崇の念が感じられない」と言う話にすり替えて、報道をしています。
小沢氏は皇室に対して話したのではなく、一行政官僚が国政に口出しをしている事の弊害を批判していたはずです。
小沢“ゴリ押し不敬”認める 陛下特例会見に関与
(2011年1月28日(金)17時0分配信 夕刊フジ  )
 民主党の小沢一郎元代表(68)は、2009年12月に中国の習近平国家副主席が「1カ月ルール」を破り天皇陛下に特例で会見した問題への関与を、事実上認めた。これまで小沢氏は関与を否定してきた。
 小沢氏は27日、インターネットの動画番組で、特例会見について「天皇陛下にお聞きすれば必ずお会いすると言うに決まってる。『一行政官僚(宮内庁長官)が判断する話ではないだろう』という話をし、内閣も『それはそうだ』ということで実現しただけのことだ」と説明した。
 小沢氏は週刊文春(2月3日号)のインタビューでも「宮内庁長官が陛下はお疲れだとか、他の日程があるとか屁理屈をつけた」「陛下のご体調が優れないのであれば、ほかのどうでもいいような日程を外せばよいことだ」などと発言した。
 評論家の屋山太郎氏は「小沢氏には、皇室に対する尊崇の念が感じられない。陛下のご日程に『どうでもいい』ものはなく、プロトコル(儀礼)を省いてはならない。あれだけ批判を受けたのに、自省が感じられない。(奈良時代の僧)道鏡に通じるものを感じる」と語っている。

羽毛田長官は記者会見で「当時ああいう対応をしたのは、陛下がお疲れになっているからということではない。『日中関係が政治的に重要だから』という話だと、象徴天皇としての陛下の国際親善のありようを損なう」と強調した。
この様に、羽毛田長官は「当時ああいう対応をしたのは、陛下がお疲れになっているからということではない。『日中関係が政治的に重要だから』という話だと、象徴天皇としての陛下の国際親善のありようを損なう」と強調しました。

|

« 宮内庁の羽毛田信吾長官の1昨年の発言は大嘘だった | Main | 小沢氏の検察審起訴が決まりましたがその裁判に重大な影響を与えると思われる石川議員再聴取の全容が判明しました »