« すでに明らかに成っている事を小沢氏の疑問と言って証人喚問を要求する石原幹事長 | Main | 石川被告、再聴取を録音 陸山会事件 書面化、証拠申請と今朝の新聞各紙が報道しました »

起訴を決定してから被疑者に再度事情聴取するという話は全く理解ができません

どうでよい内閣改造のニュ-スばかり流されますが、私にとって一番重大な問題について、全く疑問を投げかかるマスコミは有りませんでした。

それは、検察審査会が強制起訴を議決してから、ほぼ3カ月がたちますが、小沢氏が検審会の弁護士の事情聴取に応じないと報道しされた事です。

検審会指定弁護士=検審会検事役の検審会は既に起訴すると決定しています。
後は起訴をする時期がいつに成るだけのはずですが、起訴を決定してから被疑者に再度、事情聴取するという話は全く理解ができませんでした。
この様な最も素朴な疑問に、何故どこのマスコミも何も解説報道しない事は、疑問に思う方がおかしいと云う事でしょうか。

普通は、事件が起きれば、色々取り調べを行い事情聴取の結果起訴、不起訴となるはずです。
強制起訴が決まったと云う事は、起訴するに値する証拠があると云う事と思います。強制起訴が決まった後から事情聴取を行うと云う事は話が全く逆さまです。

この事は、如何に検察審査会の議決が全くいい加減なものだったかと云う事を、逆に証明していると思います。この様な、逆さまな話に対して、どのマスコミも全く疑問を投げかける記事を見た事がありません。
小沢氏は悪で疑惑があると言う人々は、国民の代表である検察審査会の議決を見れば解る事だと言いますが、何故検審会検事役の指定弁護士は、小沢氏に事情聴取を行おうとしたのでしょうか。検審会の議決通り裁判所で判断してもらいたいと云う、訴因で起訴状を裁判所に提出すればよい事です。

小沢氏が事情聴取に応じないのは既に起訴決定されているからという実に当たり前のことについても、何も解説がありません。ただ報道されるのは、小沢議員辞職すべき58% 離党すべき22%議員辞職も離党も不要14%と云う数字だけです。
また、今回の小沢切りで菅内閣支持率前回比4%アップの29%と全く意味のない数字も発表しています。

現在、小沢コールのデモが起き、菅内閣のネット調査での支持率は18%、と菅政権が内閣改造を行う事など、どうでもよいとの調査結果です。
西岡参院議長は、仙谷官房長官問責問題を棚上げにし、何らかの続投の形を取るなら、参院は開会させないとまで異例の発言をした為に、しかたが無く内閣改造にふみ切りましたが、本人が変わらなければ何も変わらないと云う単純な事も解っていないと思います。

大手マスコミの堕落で、私達は小沢問題だけが、ニュ-スとして伝わって来ます。
この様な状況は小泉劇場から、ますます強くなってきました。世界中の民主主義国家の中でこの様なマスコミを持っている国などは全く無いと思われます。
何処の国でも政権よりのマスコミはありますが、真実を伝えるマスコミも共に存在していて、国民は選択できる環境にあります。

しかし、我が国のマスコミは、自らが用意した恣意的なものばかり流し続け、その為次第にマスコミの思惑通りの世論が出来上がっていき、国民は知らず知らずのうちに選択する能力奪われて行きました。

マスコミは本来世論調査などしなくても、真実の情報を出して国民に判断してもらえばよいのです。空気の様な世論調査で常に世論が誘導される事は、常にマスコミ側に有利な世論しか形成されないと云う事と思います

|

« すでに明らかに成っている事を小沢氏の疑問と言って証人喚問を要求する石原幹事長 | Main | 石川被告、再聴取を録音 陸山会事件 書面化、証拠申請と今朝の新聞各紙が報道しました »