« 小沢氏、新党に言及 党執行部は離党勧告検討 | Main | 昨年の政権交代時の民主党と現在の菅政権は、何処が同じで何処が違うのか明確に確認すべきです »

菅政権と民主党の支持率はは何故下がり続けるのでしょうか

菅政権と民主党の支持率はは何故下がり続けるのでしょうか。

鳩山政権から政権を引き継いだ後いったん回復した支持率も、消費税の不用意な発言で支持率を下げ、参院選挙に大敗しました。その後、代表選で小沢氏を悪者にし、小沢氏を破り小沢派排除を見せて、また、支持率を上げたにも関わらず、数か月でどん底までの支持率に成ってしまいました。

その原因は色々有ると思われます。一つは尖閣、北方領土等の外交面の失敗と思われますが、同じ様な事が自民党政権で起きても、さほど変わらない対応しかできないと思われますので、支持率を大きく下げた理由とは思えません。

また、小沢氏の国会での説明が無い事も、何を具体的に国民に説明して欲しいと言っているのか解らない状況では、あまり支持率低下に関係が無いと思います。

それでは、一番支持率を下げている原因は何かと言う事を考えて見ますと、それは元々、菅総理の支持率はマスコミによって造られたものだと言う事です。

その為に、現実の数字が出て来ますと、菅総理の無能さが国民にはっきり解る様に成り、国民と約束した政策を何も実施していないと言う事に気が付いたと思います。

その事は、小沢氏の代表選の時に表れていましたが、それはマスコミによって覆い隠されていました。
先の代表選では、小沢氏は民主党の政権交代の精神で有る政策を数々訴えましたが、菅総理から聞こえた事は中身のない雇用と云う言葉と、小沢氏を中傷する言葉だけでした。
あの時点で、菅総理の無能さが解ったはずですが、マスコミによる捏造の支持率に踊らされた国民と小沢氏の恐怖に怯える官僚がネガテブキャンペ-ンを行った為に、民主党員や地方議員、国会議員までが物を考える力を失い、菅総理の無能さを見抜く力を失って、菅総理を続投させてしまいました。

今、現在の民主党を見捨てているのは、一時の風に流されて支持した人達では有りません。元々古くから、自民党政権の既得権益体質と社会保障関係の不備、官僚による従来からの政策の踏襲型の政治を変えなければならないと、常々望んでいた人々です。

しかし、現在の民主党は完全に官僚、特に財務省に支配されて、予算の組み替えなど全く出来ずに、従来の自民党と同じ政策を遂行しようとしている事に失望しているのです。

少子高齢化や年金の抜本的な改革に、財源が必要で有れば堂々と赤字国債を使うべきです。無駄な箱物に税金を使う事とは全く違います。
また、年金の財源を安定させ、大きな貯蓄が無くても老後が暮らせる設計図を描き、その為に財源が必要ならば、少子高齢化対策とともに新しい税の負担を訴えて、総選挙を戦えば良いと思います。

もし、それを国民が選択しなければ、それは国民の選択であり、少子高齢化を進め、年金は自分で積み立てて政府に頼らないと云う考えとして受け止めればよいと思います。

今、問われている事は、小沢氏の問題では有りません。本当の民主党を支持している人間ならば、小沢氏の政治資金が一番オープンにされ、すべてを公開されている事を知っているからです。また、土地取引も登記簿謄本を見れば、国会で説明など全く必要が無い事がすぐに解ります。
風に流されて民主党を支持した人は、その事実さえも受け入れ理解する事が出来なくなっていますので、仕方が有りませんが、民主党の原点を達成することを強く望んでいる、人々は小沢氏の排除など全く望んでいません。

最近の報道では、小沢氏が暗躍する事じたいを、もういい加減にしてほしいと、簡単に云う評論家や政治記者がいますが、今日の破滅的な国の状況を誰が打開出来ると云うのでしょうか、はたして自民党でしょうか。

これまで、長らく政権を担当して、全く国民の為の政策を作る事が出来なかった政党が、一年くらいの野党暮らしで、とても出来る様に成ったとは思えません。また、近年で最も日本を破壊した小泉竹中の総括さえ、いまだ自民党から聞いた事がありません。

この様に展望も無く簡単に批判する無能な評論家こそ、日本の元凶と思います。

また、小沢は政策が無いと簡単に批判する人々は、小沢氏の民主党代表時の決意と代表戦の政策を全く聞いていないと人々と思います。
政党は国民との約束が一番大事です。それを簡単に反故にしては、国民の信頼を失うのは当然と思います。

|

« 小沢氏、新党に言及 党執行部は離党勧告検討 | Main | 昨年の政権交代時の民主党と現在の菅政権は、何処が同じで何処が違うのか明確に確認すべきです »