« 小沢氏の09年の政治資金報告書の誹謗中傷報道が早くも捏造と誤報にもとづくものと解明されてしまいました | Main | 菅政権と民主党の支持率はは何故下がり続けるのでしょうか »

小沢氏、新党に言及 党執行部は離党勧告検討

小沢氏、新党に言及 党執行部は離党勧告検討
(12月10日(金) 産経新聞 )
民主党の小沢一郎元代表が8日夜の鳩山由紀夫前首相らとの会合で「次のことも考えないといけない」と新党結成を視野に入れた発言をしたことが9日、分かった。党執行部が「政治とカネ」の問題をめぐり小沢氏の国会招致実現に動き出す中、小沢氏としては局面打開のために現在の民主党にとどまらないことも選択肢に入れたようだ。一方、党執行部は、小沢氏が国会招致に応じない場合、離党勧告を突きつけることを検討し始めた。 会合には無所属の鳩山邦夫元総務相と新党改革の舛添要一代表も参加した。小沢、由紀夫両氏は菅直人首相について「おれたちを切って、政権を浮揚させようとしている」と批判した。 そのうえで、小沢氏は「民主党への愛着はある。自民党に政治を戻してはいけないし、民主党が今の形で政権を維持させなければいけないと思う。しかし、それがどうしようもなければ次のことも考えないといけない」と発言した。 民主党内は、小沢氏を支持するグループから両院議員総会の開催や、参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官の更迭を求める動きが顕在化し、執行部との対立が激しさを増している。小沢氏としては「脱小沢」路線を取る現執行部が居座り続けることも想定し、民主党分裂の覚悟を示したとみられる。 これに対し、小沢氏と距離を置く議員からは「小沢氏に離党勧告するしかない」(中堅)という強硬論が上がっている。

この記事を読みまして、党の執行部は早く小沢氏に離党勧告をだせば良いと思いました。
その様に成った時には、小沢氏は、恩人を大事にしない現民主党に未練を残さず、直ぐに離党すると思います。
一人で離党しても、現内閣を冷静に見ている、民主党議員がその小沢氏に付いていき、党はほぼ二分されると思います。
その時、小沢氏の理念に賛同する政治家が結集して、政界再編が行われ本当の政治が行われると思います。
菅が考えている、社民などとの連立はまた、化石の様な爆弾を抱え込む様なもので、全く機能しないと思います。
今日の、混迷を打開するには小沢新党しか無くなった様に思えます。
小沢新党を立ち上げれば、民主党の大半が付いて行くと思います、現民主党に残る勢力は前原-菅グル-プのみと考えられます。

|

« 小沢氏の09年の政治資金報告書の誹謗中傷報道が早くも捏造と誤報にもとづくものと解明されてしまいました | Main | 菅政権と民主党の支持率はは何故下がり続けるのでしょうか »