« 本当の国民目線とは | Main | 尖閣漁船衝突映像流出事件と機密告発サイト・ウィキリークスの存在 »

検察審査会の資格審査は前任者(一般人)が行っている

http://wpb.shueisha.co.jp/2010/11/01/919/

お手数ですが
上記の記事を
拝見しますと


議事録が無い?
パソコンで選ぶけど、資格審査は前任者(一般人)が行っている?
もう何が何だかわかりません。

この事見ても、小沢氏の強制起訴を判断するのに
ずさん過ぎ、異常ではないでしょうか?検察審査会の法律がここまでおかしな制度とは、殆どの人が知らないと思います。以前の様に強制起訴権限が無い時は、検察のチェック機関と云う側面も有りましたが、現在は強制起訴権限を持った為に、第二検察になったと同じです。
この様に大きく性格が変わった検察審査会では、当初の不備な法制度のままでは、人権は全く守られるとは思えません。

また、警察公安が次に選ばれる審査会の委員の資料を前任者の審査会の委員に渡してチェックさせる様な事は絶対に有りませんので、ヤクザ、性犯罪者、過激派、カルト宗教の信者、利害関係者かどうかを見分けられるはずが有りません。
その為、審査会のメンバーの適格審査を前任の一般の素人ができるとは、到底思えません。
また、人を起訴することに、一般の素人の秘密会で行われと云う事は、どんな人間が入って、審査しているか全くチェックが出来ないと云う事に成ります。もっともっと国民はこの北朝鮮の様な法律を知るべきと思います。



|

« 本当の国民目線とは | Main | 尖閣漁船衝突映像流出事件と機密告発サイト・ウィキリークスの存在 »