« 世論調査とは違い実際の「小沢待望論」は広がっています | Main | 呪文の様な「政治とカネ」と云う言葉は国民を不幸にするだけです »

政治主導の本当の意味

 政治主導と良く言われますが、言葉が独り歩きして、とても抽象的な言葉に成っている様に思えます。
しかし、政治主導のやり方と本当の意味を小沢氏が明解に説明してくれました。
この事は、多くの議員も解っていないと思います。
政治主導とは各省の大臣が、官僚に自ら命令して予算を作り政策を実行することだと思っていましたが、それは大間違いでした。
各省の大臣は何時の間にか自分の省の利益の代弁者になってしまい、省益優先に成ってしまいますが、しかしその事についてはしかたが無い事だと説明していました。

しかし、それでは各省庁の予算の分捕り合戦に成り、集中的に予算をつぎ込んで成長させる戦略を立てても各省庁間がぶつかり合い、全く内閣が行おうとしている方針を実行出来なくなります。

そこで強い導力を持った、総理大臣が必要に成り、総理大臣自ら命令し実行させるのが、政治主導だと説明していました。それは、総理大臣は特定の省庁に属さない為に、省益に左右されなく、自ら掲げた政策を命令実行させる事が出来るただ一人の閣僚だと云う事です。

現在の様に、財源が無いと言って一律にシ-リングを設けることは、完全に官僚の仕事で政治家の仕事では無いと断言していました。
その意味で現在の菅政権の閣僚は大半が政治家では無いと言う事に成ります。

市場も、その様な政治家不在を見越して為替市場にどんどん日本が不利になる様な事をやっても何も出来ないと、考えていると思います。

|

« 世論調査とは違い実際の「小沢待望論」は広がっています | Main | 呪文の様な「政治とカネ」と云う言葉は国民を不幸にするだけです »