« 敗北した民主党に変わって自民党が政権に復帰する事を望まないと云う数字も60%と発表されました | Main | 公明党はこれから何処へ向かうのでしょうか »

長妻大臣言うこと聞かない東大法卒の女性局長を更迭

 長妻大臣、言うこと聞かない東大法卒の女性局長を更迭と云う記事を読みやはりと云う感じがしました。
官僚組織は、民主党の政策が批判を受ける様に、法案を作り、大臣が指示した政策遂行をサボタ-ジュして、民主党の施策が中々進まない様に画策している事が、具体的に解りました。このような官僚をバッサリと切っていかなければ、霞が関改革はそうとう難しいと思います。私は現内閣で唯一信頼しているのが長妻大臣です。子供手当の在日外国人も受給できる問題も長妻大臣にしてはおかしいと思っていましたが、やはり巨大な官僚機構は常に抜け穴がある法案を作り、現政権の政策を批判させる時限爆弾の様な事を法案を埋め込み、画策している事がはっきり解りました。
本来ならば、すべての法案をしっかり管理して提出するのが、政党側の責任ですが、細かい法律の部分はやはり官僚が作成しなければならない様です。
この様な、姑息な官僚を正すには、剛腕が必要です。また指示に従えない官僚は今回の様に、更迭と云う強行手段に出るべきだと思います。これが政治主導と云うものだと感じました。この様な事を伝えるのが本来のマスコミの仕事と思います。

この記事を詳しく載せている、日刊ゲンダイより転載します

長妻昭厚労相が23日発表した幹部人事に、厚労省内が騒然だ。民主党マニフェストの目玉だった子ども手当の担当局長が更迭された。 30日付で、局長職を解かれ、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」に出向するのは、伊枝典子雇用均等・児童家庭局長(53)。福岡出身で、東大法学部を卒業後に旧労働省に入省した才媛で、省内の女性キャリアとしては出世頭だった。 伊枝氏は、出向先で研究職に就く予定。局長経験者が、現職のまま一般職員に出向するのは極めて異例で、事実上の左遷人事となる。 更迭人事の背景には、子ども手当の導入などをめぐり、長妻大臣と伊枝氏との対立があったようだ。「伊枝局長の子ども手当導入時の対応が、長妻大臣との関係悪化の決定打でした。 政権交代後に大急ぎで法案を整備したとはいえ、伊枝局長は子ども手当の“抜け穴”を放置してしまった。例えば、海外に子どもがいる在日外国人も受給できる問題です。民主党嫌いのメディアや自民党が“海外でたくさんの養子縁組をした親が丸儲け”と攻撃するまで、伊枝局長は長妻大臣に説明を怠っていた。本来なら法案作成の段階で問題に手を打つべきですが、彼女にはそうした姿勢が見られない長妻大臣のイラ立ちは募るばかりでした」(厚労省関係者) 事業仕分け第2弾で「廃止」と判定された「女性と仕事の未来館」についても、担当の伊枝局長は「廃止はムリ」の一点張りだったという。 「伊枝局長は仕事はマジメですが、融通が利かない。東大法出身らしく、前例踏襲主義の典型的な官僚タイプ。長妻大臣が自民党政権と違った政策を打ち出そうとすると、『ムリです』『できません』と抵抗する。長妻大臣とは事あるごとに対立し、常に議論は平行線でした」(厚労省事情通) 長妻大臣は今回の人事で、従来よりも年次が若い岡崎淳一官房総括審議官(53)を官房長に抜擢した。大臣肝いりの省内事業仕分けで成果を挙げたのが、その理由だ。 やっと、厚労省の人事も民間に近づいたということか。

|

« 敗北した民主党に変わって自民党が政権に復帰する事を望まないと云う数字も60%と発表されました | Main | 公明党はこれから何処へ向かうのでしょうか »