«  村木元局長に1年6ヶ月の求刑が有りました | Main | 本当の社会主義とはどの様なものでしょうか »

辺野古基地に米軍がこだわる理由

 辺野古基地に米軍がこだわる理由を述べている記事を見つけました。それは、辺野古にあると推測される沖縄返還前から存在する、米軍の核貯蔵施設の為だと云う記事を見つけました。この記事を読みますと、米軍が辺野古に海兵隊基地と作ると云う事にこだわる事が、核の抑止力に繋がっていると云う事が見えてきます。
 
米国はなぜ辺野古にこだわるのか。今年の春、佐藤栄作元首相の机の引き出しの中から発見された「沖縄核密約」にはこのようなやりとりがあった。  「(米国政府は)沖縄に現存する核貯蔵施設の所在地である嘉手納、那覇、辺野古及びナイキ・ハーキュリーズ基地を、いつでも使用可能な状態で維持し、重大な緊急事態の際には実際に使用できるよう求める」  「(日本国政府は)そのような事前協議が行われた場合には、これらの要件を遅滞なく満たすであろう」  末尾に最高機密の指定とニクソン大統領、佐藤首相の署名がある。  辺野古には核貯蔵施設があり、有事には核兵器をまた運びこむ密約である。貯蔵施設が今でもあるなら、沖縄の「抑止力」の正体はこれではないか。それなら米国が辺野古に固執する理由も見える。 鳩山前首相の言った「抑止力」とは、これのことだろう。それを、問わず語りに国民に伝えようとしたのかもしれない。
核の「密約」には、「密」と「約」の二つのアプローチがある。「密」のアプローチとは、機密文書や記録があったのか、ないのか。あるとすればいまどこにあるか、という文書管理の問題である。岡田外相はこれを調べた。佐藤栄作元首相とニクソン元大統領がサインした「沖縄核密約」は、実物が見つかった。赤ファイルは行方不明だった。  「約」のアプローチとは、密約の中身についてである。米国の核の傘のもとで日本の核政策はどう運用されているのか。最近の用語では「拡大抑止」の問題である。
 核兵器を搭載した米軍の艦船や航空機が日本に事前協議なしに立ち寄ることができるという約束はいまも有効なのか。極東有事のさい、沖縄の嘉手納や辺野古に米軍が核兵器を持ち込むことに、事前協議で反対しないという約束は無効であると日米で合意したのか。  岡田外相は、「約」の内容には触れないまま、密約問題に幕を引いた。その一方、鳩山氏は首相在任当時、非核三原則を守ると述べた。  密約を踏まえた「非核三原則」なら、歴代自民党政権と変わらない。いっそ菅直人新政権で「非核二原則」と改名すればいい。  それとも菅首相は、過去の核密約を破棄して、本当に本当の非核三原則を貫くつもりか。だとすると、米国の核の傘の戦略、とくにオバマ大統領の拡大抑止論と矛盾してくるのではないか。 密約は今も有効なのかどうか 岡田はひとことも言っていない。辺野古の問題は、日本に核配備するのか 核武装するのか というところと直結している。 その他のことを言わないで誤魔化すことは許されない。 目の前に積み上がっている課題を明確に判断できないものは、政治家とは言えない。

 

|

«  村木元局長に1年6ヶ月の求刑が有りました | Main | 本当の社会主義とはどの様なものでしょうか »