« 沖縄県民の心思いを十分考え県外と言うのは当然であるが現実は厳しかった | Main | 日本のマスコミは政局がとても好きで、それが視聴率のアップや新聞、週刊誌の売り上げにつながると考えている様です »

未だに二流国家だった日本という現実

 気分的な天邪鬼のブログ 様が素晴らしい記事を書いていますので転載させていただきます

今日、鳩山首相について書いたのだが・・・
その後、とうとうというかやはりというか鳩山首相が辞任を発表する事態となった。

多分というか想定内で、鳩山内閣の退陣は選挙目当て、中途半端な政権投げ出し、問題解決からの逃避などとマスメディアは論陣をはると思う。
読売新聞の明日の社説など、もはや想像できる。
『普天間問題、日米同盟問題をこじらせ迷走させ信頼を裏切った責任は大きい』
『沖縄県民の気持ちをもてあそび、結果的に責任を投げ出した。』
『結局は何もできず、衆議院選挙の公約も次々と変えたので信用できない(→民主党自体がという論調)』
そういった事を軸に、民主党憎しの方向に持っていく為に、『選挙目当ての看板の架け替え』というキーワードと、次の首相でも普天間問題や諸問題がまったく解決されていないから民主党は衆参同時選挙で国民の声を聞くべきだ!といった方向で結ぶはずである。

客観的な事実として、鳩山内閣では普天間問題・日米問題などに実効性のある解を国民に提示できなかった。
どころか、ほとんど変更・修正が出来なかったと言ってもよい。

民主党憎し、嫌いな勢力やアメリカの言い分を垂れ流すメディアにとっては、鳩山さんの退陣は『我が力』を再確認し、この鳩山退陣劇を『参議院選挙対策だけで国民不在』だとするキャンペーンを『想定されたオプション』として粛々をはじめるのだろう。

何故なら、参議院選挙前に鳩山退陣はある意味では蓋然性の高い、想定された事態でありそれえの批判やオプションを用意・実行する時間は十分にあったのだから。

ただし、重要なそして極めて重大な事実をどう扱うのだろうか?
これは、日本のマスメディアと『組織の頭の良い人々』にとっては後々、重大な意味をもつはずである。
つまりは・・・・・・

日本の、いや一国の首相の首を、基地問題でとってしまったアメリカという国家の事実を・・・・・


鳩山さんの退陣で重要なのは、選挙対策でも支持率回復でもないと感じる。
『普天間問題を5月末までに決着させる』とした日本の内閣総理大臣を、非協力及び非譲歩によって『首を取ってしまった』アメリカの傲慢さと、それによって見えた日本の現実的などうしようもなく悲しく圧倒的ですらあった事実である。

これは重大な意味がある。
我々、日本の国家の首相というトップ(民意により選ばれた代表)が、アメリカによって『退陣させられた』のである。

無邪気なメディアは、鳩山首相個人問題や責任をはやし立てるだろう・・・・
しかし、現実は我が愛すべき日本という国家の首相の進退が、基地問題という小さな譲歩すらアメリカは協力せず、つまりは『辺野古しか認めないとするアメリカの案では、日本の首相の首が危ない』と十分に理解していたにも関わらず、『あえて日本国の首相の意見など取るに足りぬ』として切捨ても痛痒としない同盟国アメリカ・・・・

こんなに悔しい事が、独立国家としてあるだろうか?
この事態をよしとするメディアのトップは、日本なのか?アメリカなのか?

しかし、だから・・・・
この事実は6月2日退陣という記憶は、日本国民ならば忘れられない結果となるのだと思う。

『アメリカさん、これは世界が見ていますよ、そして記憶しますよ、同盟国のトップにたいするあなた方の傲慢でそしてそれが一国の同盟国でもある内閣の命運さえ左右させた事実を!』

日本に生きる我々が出来る事は、こういった現実を再確認する事であるのだと思う。
私のいる国家の現実とそして結果を、そうしてそこから今の日本を再定義するしかない。
未だに二流国家だった日本という現実をね。



転載元: 気分的な天邪鬼のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/katuhiro1192/MYBLOG/yblog.html

|

« 沖縄県民の心思いを十分考え県外と言うのは当然であるが現実は厳しかった | Main | 日本のマスコミは政局がとても好きで、それが視聴率のアップや新聞、週刊誌の売り上げにつながると考えている様です »