« 国防の為に憲法9条は改正が必要か | Main | 道州制は果たして地方分権になるか »

民主党の農家個別支援政策が日本の農業を再生させる

民主党の農家個別支援について考えて見ます。
自民党や評論家と言われる人々はそれをバラマキだと批判します。
しかし、自民党の様に新たな財源でなく農業土木予算を組み替えて、その中から生まれる予算で直接農家自身を支援する政策です、この事は自民党が行って来たバラマキ政策とは全く違うものと考えられます。
確かに農業土木も大変重要な事です、畑作事業などを行う場合はかんがい排水とても重要な事です。水田と違って、地下水位を下げ水はけを良くしなければ、畑作や酪農経営は現在のような収穫は出来ません。また、水田の為の用排水施設も完備しなければ安定的に良いお米は作れませんのでこれらの土木事業は非常に重要です。
特に今年の様に天候不順のときほど、かんがい排水設備の充実は非常に重要です。
問題は、すでに耕作地がほとんど無くなっているにもかかわらず、無駄なダムや頭首工などの大規模な施設を、予算を止めることなく作り続けるところに問題があります。
今、政府が行っている大規模集約農業は全く日本の農業の実態を把握していません。
何故なら北海道の大規模農家でも、北米、豪州、南米の規模に比べますと全く大人と子供の違いが有ります。そんな大規模な外国の農産品と価格競争しても全く、競争になりません、今の大規模集約政策は農家の実態とかけ離れた政策です。
その為、食料自給率は下がる一方です、これは防衛問題より深刻です。
いくらオイルマネ-を溜め込んでも食料の自給が出来なければ、その年の収穫が悪いという理由で、輸出規制を掛けられます。事実近年バイオエタノ-ル生産の為、農産物自体が不足して輸入が出来ない事態になり暴動が起きた国も出ました。
食料の自給率を上げなければ国防も吹き飛んでしまいます、其の事で北の国も食料が不足し瀬戸際外交を続けざるを得ない状態に陥っています。
ヨーロッパの国々は、北米などの安い食料の流入を防ぎまた自国の農家を守る為に個別保障を行っています。これは減反の様に作物を作らなければ出す補助金とは全く性格の違うものです。作った農産物に価格保障を行い、農家が生計を立てられる様に援助する政策です、作物を作らなければ支援金はもらえません。市場価格との格差を埋めるために補助金を出して農作物を増産してもらい自給率を上げる政策です。これは、保護貿易とは全く性質の違った国防の問題です。
テレビで活躍している財部誠一は、この事に真っ向から反対しています。このままでは、農政が駄目になる、大規模農家を増やし企業の参入を認めるべきだと、主張しています。
しかし彼は、全く農政の事に無知です。企業が農政を行っても良いとは思いますが、そこに重点を置く事は危険です。企業はあくまで利潤追求ですから利潤が上がらなくなると簡単に撤退する企業も出てくるでしょう。
彼は、テレビ番組でよく取材をして、農業者の声を聞いていると言っていますがそれはほんの一部でしょう。北海道の大規模水田農家は、米価が下がり作るだけ赤字が増え、また大規模酪農家も乳製品の価格下落にもうこれ以上の大規模化は賛成出来ないと、自民党の政策を批判しています。コストの削減には日本で限界が有ると言う事を全く伝えず、一部の関係者の声を全ての農民の声と思わせています。
また農業従事者の高齢化を上げて、民主党の政策を批判しますがこれは農業者自信が言っている事ですが、農業で飯を食べていけないのに、今の政策では自分の子供達にも継がせられないと言う言葉です。
記事の主題とはそれますが、財部誠一が行った過去の重大な謝った取材を映像のトリックを使って正当化した事を紹介いたします。
それは、釧路-札幌間350kmを走る道東自動車道の建設を取り上げた時です。その道路を実際走った映像を流し、その中で対向車が全く来ない様子を見せ地元のドライバ-に全然利用されていない証言を撮り放映しました。しかし取材に使われたその道路は道東自動車道の一部で、何処ともつながっていない建設途中のわずか50km(音更-清水間)の道路でした。
平行して走る国道38号線があり、またインタ-チェンジまでのアクセス道路もまだ出来ていない状態でした。この道路は北海道の中心都市札幌や物流の中心的港がある苫小牧を結ぶ重要な幹線になる道路です。道東と札幌を結ぶ国道274号線は有りますが、標高1000mを超える日高山脈を越えなければならないとても危険道路です。冬には大型トラックが登れなく成り大渋滞を起こし、またスリップ事故で多数の死者を出している日勝峠を通らなければなりません。夏でも急なカ-ブと急勾配の連続でブレ-キが効かなくなり、木材を積んだトレ-ラ-が止まることが出来なくなり、下りきったところで合流する国道38号線を突っ切って建物に激突し死亡するという悲惨な事故もありました。
現在、札幌-帯広間250kmの開通区間はかなり進み、未開通区間は夕張-トマム間のあと50kmほどに成り完成はあと2年後です。特にもっとも危険な日勝峠を通らなくても道央-道
東間を走る事が出来る様になりました。高速道路は主要な都市を結んでもっとも効果出る事は誰もが解っている事です。それを彼はほんの一部開通した所を放映して無駄な道路の象徴に仕立て上げました。実際無駄な道路は沢山あります、本当に適切な指摘何も問題は無いのですが映像のマジックを使っていかにも自分が、的確に取材する人間と言う間違った評論家の地位を確立していきました。それ以来私は彼の取材は何時もきな臭いと思ってみています。
民主党の農家個別保障の反対にも何か隠された意図を感じます。

|

« 国防の為に憲法9条は改正が必要か | Main | 道州制は果たして地方分権になるか »