« 国民は自らの意思を伝える手段を得た | Main | 小沢秘書逮捕は民衆の冷静な判断力を増大させた »

人々は新しい時代を切り開く事に勇気を持とう

これほど多くの総理が辞任し、また閣僚が次々と辞任する様になった自民党はかつては考えられなかった。一部不適切な発言をして辞めた閣僚がいたがそれは議員自身の信念にもとずく物だった。
今回や今までの閣僚辞任はかつての事態と全く違ったものである。それゆえに現与党は政権担当の資格は全く無くなったと言ってよい。
内閣の崩壊とともに自民党も公明党に頼った選挙をしている為に訳のわからない政策を打ち出し混乱していく事になった。一番酷い発言は100年安心の年金プランは「公明党のキャッチフレ-ズ」だと発言した細田幹事長の言葉である。中身は随時修正していく事になっていると今更訳のわからない釈明をしている。一部評論家や、ブログでは民主党になったらこの国は売国奴の集団になってしまうというような、戦前使われた、共産主義恐怖論をあおり赤狩りのようなキャンペ-ンを展開している。
この国を現在運営しているのは自民党ではない。官僚が殆んど脚本を書いてその手のひらの上に乗って政策を実行しているかの様に見せているだけだ。
こんなに酷い内閣を今でも支持している人々は、殆んど既得権益にどっぷり浸かった人々か、未来を切り開く勇気を持たない人々である。
新しい体制にふみだす時は、民衆にも勇気が必要である。
今までどおりに過ごせるならこのままの体制でも良いが、新しい日本を作り直さなければ間もなくこの国は沈没してしまうだろう。財源論は財務省のトリックである、大きな国の借金を造ったのを現与党と財務省である。彼らに民主党の財源論を批判する資格は全く無い。それより、今までの嘘がばれてしまう事が恐ろしいのだろう。何処かの派閥の会長が小沢批判の時盗人たけだけしいと言って批判したが、与党の民主党の財源批判論こそ盗人たけだけしい言葉だ。
人々は新しい時代を切り開く事に勇気を持とう。この国では、民衆のの手によって一度も新しい政権を作った事が無いので、最後に足踏みする人々が増えてしまうのは仕方が無い事だが、現在の状況は江戸末期の状態と同じほど、政権は劣化している。
明治は残念ながら民衆の手によって改革されたのでは無く、下級とはいえ武士の力によって体制は変えられた。その後は現在の中央集権的な官僚制度を作り上げたのである。
当時の日本の状況を考えると、大衆による体制の変革は無理であっただろう、また列強の進出に対抗するには中央集権国家も必要だっただろう。
しかし今日、明治の官僚の仕組みが現在も続いている事に大衆はあまり気がついていない。
官僚や与党の劣化にはすこしずつ気がつき始めているが、もっともっと勇気を持って変革の声をあげよう

|

« 国民は自らの意思を伝える手段を得た | Main | 小沢秘書逮捕は民衆の冷静な判断力を増大させた »