« 市場原理主義の限界と官僚支配の台頭 | Main | 2兆円の有効な使い道 »

民主主義の危機

麻生太郎のような幼稚な人間が総理に成れたのは、政権交代が行われなかった結果です。腐った池にはボウフラしかわきません。
一度、水をくみ出して入れ替えなければ、自民党の再生はありえないでしょう。民主党が良いと言う次元ではありません、民主主義の根幹です。彼は郵政民営化賛成で議員になったのですから、反対だったと言った時点で即刻議員の資格剥奪です。民営化して悪いところが見えて来たとだけ発言したのなら、まだ救いはありますが、公約違反をして当選したのですから、問題外です。亀井議員のように堂々と反対して立候補すべきです。こんなことがゆるされるなら、この国に民主主義はやってこないでしょう。
このことは、本当に大事なことでこの国の存亡ににかかわることです。

|

« 市場原理主義の限界と官僚支配の台頭 | Main | 2兆円の有効な使い道 »