« またまたミラ-バ-ン出現 | Main | 今危険な事 »

危険な風潮

近年の1億総評論家の風潮にとても危険を感じます。

一歌手の一言に、懺悔の嵐は全く政治家の失言に対する非難と違います。昔のオ-ルナイト日本はもっと過激な内容の事を言っていたはずです。

ちょっとした(確かに今回の発言は人を傷つけるものですが)事で、他人を傷つけている事は沢山あります。

太っている人をデブと呼び、小心な人をケツの穴の小さいヤツ(肛門狭窄症で悩んでいる人もいる)と平気で呼びます。

また文章などをよ読み違えた時、簡単にメクラと呼びます。差別用語は全くきずかずに使っていることも多いのですが、非難の声を上げる人々も気が付いていないでしょう。

マスコミはもっと、ニワカ評論家の言葉に惑わされる事なく、しっかとした論調を流して欲しいものです。

|

« またまたミラ-バ-ン出現 | Main | 今危険な事 »