安倍の「働き方改革」は「オランダの奇跡」ご都合主義のつまみ食い

安倍の「働き方改革」は「オランダの奇跡」ご都合主義のつまみ食い 世相を斬る あい...

» Continue reading

| | Comments (0)

今もつながる「官僚と原子力ムラ」。原子力関連の独立行政法人や公益法人など計十三法人に国家公務員出身の常勤・非常勤役員が今月時点で少なくとも二十四人いることが分かった。

今もつながる「原子力ムラ」 関連法人 天下り24人 東京新聞2018年2月25日...

» Continue reading

| | Comments (0)

子どもの貧困が社会問題化している。学ぶ意欲さえあれば誰もが等しく教育を受けられるようにすることが国としての目標であろう。しかし、それが実現していないのは憲法のせいではない。

「教育充実」の自民改憲案 あらわになった自己矛盾 毎日新聞2018年2月24日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

裁量労働制の説明するためのデータが不適切で安倍首相が国会での答弁を撤回する事態になっているデータ誤用について首相は衆院予算委員会で深くおわびしたいと表明はしたしかしその責任は厚労省にあると人ごとだ。

裁量労働制 疑問は一層深まった 東京新聞2018年2月22日  裁量労働制の利点...

» Continue reading

| | Comments (0)

自民改憲本部 「教育無償化」玉虫色 条文案に明記せず

自民改憲本部 「教育無償化」玉虫色 条文案に明記せず 毎日新聞2018年2月22...

» Continue reading

| | Comments (0)

立憲民主党が三月上旬に国会に提出する「原発ゼロ基本法案」の全容が二十日、判明した。基本理念で「全ての原発を速やかに停止し廃止する」ことを掲げ、法施行から五年以内に全原発の廃炉を決定する目標も明記した。

全原発 廃炉決定5年以内 立民のゼロ法案 全容判明 東京新聞2018年2月21日...

» Continue reading

| | Comments (0)

裁量労働制は長時間労働を助長するのではないか。その懸念を政府が否定してきた根拠が崩れた。 根拠となるデータ自体に重大な疑義が生じ安倍首相が発言を撤回して陳謝した。

裁量労働制の不適切データ 3年も使い続けた責任は 毎日新聞2018年2月21日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

日本は先の大戦の反省から戦争放棄と戦力不保持を定めた憲法を持っています国の個別的自衛権は認められていますが先制攻撃や必要以上に打撃を与えることは認められていません戦後75年でもう忘れたのでしょうか

「専守防衛」変質への憂い 東京新聞2018年2月19日   「専守防衛」は戦後日...

» Continue reading

| | Comments (0)

日銀総裁再任案今後も異次元緩和を継続させることを意味する。「二年で2%の物価上昇目標」が、五年たっても一向に達成が見通せないのだから再任には疑問符が付く。 日銀の異次元緩和はさまざまな副作用を伴う。

日銀総裁再任案 問題先送りするだけだ 東京新聞2018年2月17日  政府が黒田...

» Continue reading

| | Comments (0)

シニアが生き生きと暮らせる社会に向けてどんな環境を整えることが必要か年金額は六十五歳より前にもらい始めると減額それより遅らせると増額される考えるべきは多くの企業が六十歳としている定年制の延長ではないか

高齢社会の未来 働く選択肢をもっと 東京新聞2018年2月17日  シニアが生き...

» Continue reading

| | Comments (0)

黒田氏続投の日銀人事案 代えられない政府の事情。「2年程度で物価上昇率2%を達成」との目標は、5年近くが経過した今も実現にほど遠い。劇薬のような緩和政策の弊害は深刻化するばかりである。

黒田氏続投の日銀人事案 代えられない政府の事情 毎日新聞2018年2月17日  ...

» Continue reading

| | Comments (0)

高齢化に伴う社会保障費の増大などで国と地方の借金は1000兆円を超す。それなのに安倍晋三首相は消費増税を先送りしたうえ借金返済に充てる予定だった増税の使途も変え財政健全化目標を棚上げした。

8期連続のプラス成長 カンフル剤はもう要らぬ 毎日新聞2018年2月16日  景...

» Continue reading

| | Comments (0)

安倍首相が裁量労働制で働く人の労働時間についての国会答弁を撤回した問題一般労働者が不自然に長く働いたケースが見つかっており専門家は長時間労働の温床とされる裁量労働制への懸念をなくすため捏造されたと指摘

裁量労働制調査データ ミス?捏造?厚労省、19日に精査結果公表 東京新聞2018...

» Continue reading

| | Comments (0)

世界一の経済大国が野放図な財政運営で赤字を垂れ流すと世界経済を混乱させかねない。 トランプ米政権が2019会計年度の予算教書を議会に提出した。財政赤字は19年度だけで1兆ドル現在の1・5倍に急増する。

トランプ政権の予算教書 世界に無責任な赤字拡大 毎日新聞2018年2月14日 世...

» Continue reading

| | Comments (0)

政府は「子どもの相対的貧困率は改善した」との立場で、首相は「雇用が大きく増加するするなど、経済が好転する中で低下に転じた。格差が拡大し貧困が悪化したとの指摘はあたらない」と強調した。

「生活ぎちぎち」「進学負担減らして」 貧困家庭7割 塾・習い事断念 東京新聞20...

» Continue reading

| | Comments (0)

産経新聞はなぜ間違ったのか~沖縄メディアを叩いた誤報の真の理由

産経新聞はなぜ間違ったのか~沖縄メディアを叩いた誤報の真の理由 2/15(木) ...

» Continue reading

| | Comments (0)

将来の日本の人口維持をうたって政府が旗を振った地方創生の五年計画が折り返しの時期を迎えた掲げられた大きな目標が少子化の背景となっている東京一極集中の是正。子どもを産みやすい育てやすい環境整備が急務

人口減の先を見据えて 東京新聞2018年2月12日  将来の日本の人口維持をうた...

» Continue reading

| | Comments (0)

森友学園への国有地売却問題で佐川国税庁長官が交渉記録を廃棄したと説明していたが同省が今月公表した内部文書には契約を巡るやり取りが詳細に記されて13日の衆院予算委員会で野党は虚偽答弁と指摘している

<衆院予算委>佐川氏答弁揺らぐ根幹 「森友記録」新文書に 毎日新聞2/13(火)...

» Continue reading

| | Comments (0)

ここ数年の春闘で会社員の賃金は上昇しているとされるが暮らしが楽になったという実感は乏しい。背景にあるのは増え続ける社会保険料や税金だ。

賃上げ1.5%分、増税で帳消し 社会保険料や消費税 増えぬ「手取り」 東京新聞2...

» Continue reading

| | Comments (0)

所得税の医療費控除の仕組みが大きく変わり、一部の市販薬を購入した際に控除が受けられる「セルフメディケーション税制」が、二〇一七年分の確定申告から初めて適用される。

医療費セルフメディケーション税制 17年分確定申告から適用 東京新聞2018年2...

» Continue reading

| | Comments (0)

河野外務大臣は米国の核の小型化は同盟国への抑止力拡大を明確にしたとして高く評価すると述べたしかし米国が核戦力を見直すのは自国の安全を第一に考えた結果で同盟国を守ると言うのは付け足しに過ぎない。田中良紹

米国の核が日本を狙う可能性を考えない愚かさ 2/4(日) 田中良紹 | ジャーナ...

» Continue reading

| | Comments (0)

困窮者に支給される生活保護費が引き下げられる。ひとり親家庭を対象にした母子加算も平均2割カットされ母子家庭の困窮がさらに深まる

生活保護費の減額 母子家庭の困窮が深まる 毎日新聞2018年2月12日 困窮者に...

» Continue reading

| | Comments (0)

佐賀県で5日に起きた自衛隊ヘリ墜落事故で家を失った住人が自衛隊ヘリが墜落した際家に一人でいた11歳の女児は軽傷で難を逃れたが父親の許せないという言葉にネット上で罵声を浴びている。

陸自ヘリ墜落 事故の被害者に心ない非難 沖縄の米軍機トラブルでは冷酷な失言も 毎...

» Continue reading

| | Comments (0)

今回の産経記事が特異なのは琉球新報と沖縄タイムスの地元2紙が米兵の行動を黙殺していると一方的に非難しネット版ではメディア報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だとののしったことだ

産経新聞の沖縄2紙中傷報道の本義を再確認する 毎日新聞2018年2月10日 産経...

» Continue reading

| | Comments (0)

原子力規制委員会が、市民らから情報公開請求を受け、開示した行政文書は原則としてホームページ(HP)に掲載すると自ら制度化しながら2015年9月以降の約二年半全ての開示文書の掲載を怠っていたことが解った

原子力文書 公開制度化したのに 規制委 2年半HP載せず100件以上 東京新聞2...

» Continue reading

| | Comments (0)

米核指針河野太郎外相が「高く評価したい」と表明したことは誤解招く ICAN川崎氏が参院調査会で警鐘

米核指針「高く評価」は誤解招く ICAN川崎氏が参院調査会で警鐘 東京新聞201...

» Continue reading

| | Comments (0)

「世界株価急落」超金融緩和のしっペ返し第1波が来た

「世界株価急落」超金融緩和のしっペ返し第1波が来た 毎日新聞2018年2月7日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

名護市長選 移設容認、即断できぬ。渡具知氏を推薦した公明党県本部は辺野古移設に反対の立場で、推薦に当たっての政策協定書には「海兵隊の県外・国外への移転を求める」と明記されている。

名護市長選 移設容認、即断できぬ 東京新聞2018年2月6日  米軍普天間飛行場...

» Continue reading

| | Comments (0)

トランプ政権の「核態勢見直し」米ソの核実験競争が過熱していた冷戦中の1953年と並ぶ

トランプ政権の「核態勢見直し」 新たな軍拡競争を恐れる 毎日新聞2018年2月4...

» Continue reading

| | Comments (0)

茂木経済再生相の線香配布 今の説明では無理がある

茂木経済再生相の線香配布 今の説明では無理がある 毎日新聞2018年2月3日 こ...

» Continue reading

| | Comments (0)

森友学園の国有地売却問題で会計検査院院長は財務省近畿財務局が学園との交渉について法令上の問題がないか対応を検討した文書を検査報告の前日まで提出しなかったことに関し懲戒処分要求を慎重に検討すると語った

近財局の処分「慎重に検討」 会計検査院 森友文書不提出問題 東京新聞2018年2...

» Continue reading

| | Comments (0)

米金利上昇で世界株安。これまでの株高や資産価格全般の高騰が、いかに低インフレ、低金利政策に依存したものだった

米金利上昇で世界株安 新たな局面へ覚悟が要る 毎日新聞2018年2月7日 急激過...

» Continue reading

| | Comments (0)

「大林組課徴金全額免除されず」でリニア談合独禁法での起訴は“絶望”か 。郷原信郎が斬る

「大林組課徴金全額免除されず」でリニア談合独禁法での起訴は“絶望”か 郷原信郎が...

» Continue reading

| | Comments (0)

森友学園問題で財務省の佐川国税庁長官が理財局長当時に答弁していた内容が国会審議で次々と破綻している財務省の太田理財局長は会計検査院の報告前日まで提出しなかったことについて気がつかなかったと釈明した

文書「全て廃棄」→存在 値引き「適正」→過大の疑い 佐川氏答弁 次々破綻 東京新...

» Continue reading

| | Comments (0)

アベノミクスによって国民生活は苦しくなった-。国会論戦で「エンゲル係数」を基にした追及があった。所得の伸び悩みや節約志向、生活苦が表れた指標だしかし首相は雇用の改善を強調して正当化し論理をすり替えた。

エンゲル係数 国民の暮らしを見よ 東京新聞2018年2月3日   アベノミクスに...

» Continue reading

| | Comments (0)

発電所からの電気を流す基幹送電線の利用率が大手電力10社で1~2割にとどまっている再生可能エネルギーを手掛ける事業者が、大手電力から送電線に空きがなく「満杯」として、高額な送電線の増強費用を求められる

送電網、空きあり 大手「満杯」 実は利用率2割 東京新聞2018年1月31日  ...

» Continue reading

| | Comments (0)

米軍機事故をめぐるやじで内閣府副大臣が辞任した。交代は当然としても、沖縄県民の気持ちに寄り添うと言いながら、米軍普天間飛行場の県内移設を強行する安倍政権の姿勢こそ問題ではないか。

副大臣やじ辞任 政権の姿勢こそ問題だ 東京新聞2018年1月30日   米軍機事...

» Continue reading

| | Comments (0)

麻生財務相は29日の衆院予算委員会で、佐川国税庁長官が昨年七月の就任時に記者会見しなかった理由について「国税庁所管以外に関心が集まっていたから実施しないと決めた」と明らかにした。

佐川氏就任会見なしで財務相 「森友質問回避」認める 東京新聞2018年1月30日...

» Continue reading

| | Comments (0)

三月に再稼働を予定する関西電力大飯原発の安全審査で主要な判断基準だった地震時の基準地震動の算定方式をめぐり策定元の政府の地震調査委員会内で原子力規制委員会の認識を否定する見解が示されていた事が分かった

大飯の揺れ算定法「不十分」 地震調査委 規制委の認識疑問視 東京新聞2018年1...

» Continue reading

| | Comments (0)

阿倍政権は現実離れした景気見通しを基に財政健全化のつじつまを合わせようとするのなら極めて無責任だ試算では黒字化は従来より2年遅れの2027年度になる首相は歳出抑制などで黒字化を20年度に達成としていた

政府の新たな財政試算 無責任な現実離れの想定 毎日新聞2018年1月28日 現実...

» Continue reading

| | Comments (0)

2018年度の介護報酬改定の内容が決まった医療と連携して退院支援やリハビリを強化し自立生活を促すことなどが柱だ。ただ認知症への対策はまだまだ不足している。必要な介護人材を確保し対応を急がねばならない

超高齢化への介護報酬改定 認知症の対策が足りない 毎日新聞2018年1月27日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

確定申告の時期を迎えるが、これで徴税業務に信頼を得られると思っているのか。佐川国税庁長官のかつての国会答弁が虚偽に近いことが分かった。納税者を甘く見ているのではないか。

佐川国税庁長官 納税者を甘く見るな 東京新聞2018年1月27日  確定申告の時...

» Continue reading

| | Comments (0)

故人の配偶者が「居住権」を持ったり、親族が介護すれば金銭を請求できる。だが前提は法律婚だ。多様化の時代に即した知恵もいる。

相続制度改正 もっと柔軟な知恵も 東京新聞2018年1月26日   法制審議会の...

» Continue reading

| | Comments (0)

年金プア不安の中で。年金が少なくて生活が苦しい高齢の年金プア持ち家に住んでいると、家を担保に借金して死後に持ち家を売って一括返済する「リバースモーゲージ」という制度を使って苦境を抜け出せる場合がある。

<年金プア 不安の中で>77歳女性 月額5万円、子どもなし 持ち家担保に生活費確...

» Continue reading

| | Comments (0)

2018年度の生活保護費見直しで約15万に上る子育て世帯のうち四割近くが減額になる見通しとなった政府はひとり親世帯への母子加算を平均二割カットするほか児童手当に当たる児童養育加算も一部を減らす方針

生活保護 貧困対策に逆行 子育て世帯4割が減額へ 東京新聞2018年1月25日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

待機児童解消を訴える市民グループ「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」(東京都)の天野妙代表は「無償化はいい政策だが、順番を間違えると大変。待機児童解消が先だ」と訴えた。

保育無償化範囲の議論開始 「認可外施設に支援を」 東京新聞2018年1月24日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

国会が改憲案を「年内に発議する必要はない」は46%で、「年内に発議した方がよい」の36%より多かった。ただ、自民党憲法改正推進本部は年内の発議を目指しており、自民支持層も51%が年内を望んでいる

改憲案「年内に発議する必要はない」46% 毎日新聞2018年1月22日 毎日新聞...

» Continue reading

| | Comments (0)

長寿化が進む一方、多くの人が不安を感じている老後資金老後にいくら必要か計算し見えない将来を可視化すれば不安の正体が分かると指摘企業経営を参考に現役のうちから大まかな出入金の流れをつかむ表を作る事が大事

老後資金 見える化で備え 収支予測表や財産目録を作成 東京新聞2018年1月18...

» Continue reading

| | Comments (0)

海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」を戦闘機の発着が可能な空母に改修する検討を巡り、政府が日米による同艦の共同運用を想定していることが分かった。

海自「いずも」空母改修案 米戦闘機発着、給油も 東京新聞2018年1月21日 海...

» Continue reading

| | Comments (0)

人工知能の進歩で産業や経済が大きく変わる中、春闘が始まる。バブル崩壊後の停滞を乗り越え、新たな展望を開くには賃上げによるデフレ脱却、働き方改革による再分配の実現がなにより重要だ。

春闘の課題 まずはデフレ脱却を 東京新聞2018年1月18日   人工知能の進歩...

» Continue reading

| | Comments (0)

ウクライナ紛争は米国とロシアの代理戦争の色合いを濃くしてきた。米国が親欧米のポロシェンコ政権米国は武器供与を続けて関与を深めれば、泥沼から抜け出せなくなる。スラブ民族の兄弟国同士の争いはやり切れない。

ウクライナ 米ロ代理戦争にするな 東京新聞2018年1月19日  ウクライナ紛争...

» Continue reading

| | Comments (0)

財務省はこれまで国会で、学園との面談・交渉記録などを「廃棄した」と答弁してきたが財務省近畿財務局が学園との交渉について、役所内部で検討した詳細な文書を保管していたことが明らかになり開示される事になった

森友学園 国有地売却問題 近畿財務局、交渉の文書開示 内部検討記録 毎日新聞20...

» Continue reading

| | Comments (0)

自民党の小泉元首相は安倍首相が2020年までに憲法9条改正を目指していることについて、9条改正は野党と話し合って自然に3分の2が賛成するような環境が必要だとの認識を示した。

小泉元首相 9条改憲、野党協力なしでは困難 毎日新聞2018年1月17日 自民党...

» Continue reading

| | Comments (0)

夫婦の一方が亡くなった時配偶者の生活をどう守るのか法相の諮問機関である法制審議会の部会が民法の改正要綱案をまとめた。配偶者が亡くなった高齢者にとって住み慣れた住宅に住み続けられるかどうかは切実な問題

配偶者の相続を優遇 時代に対応した見直しだ 毎日新聞2018年1月18日  夫婦...

» Continue reading

| | Comments (0)

民進と希望 数合わせが招いた迷走。民進・希望 統一会派は白紙 両党に分裂の懸念残る。公約や政策を度外視し、数合わせを焦った結果といえよう。

民進・希望 統一会派は白紙 両党に分裂の懸念残る 東京新聞2018年1月18日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)事務局長で来日中のベアトリス・フィン氏(35)が、安倍晋三首相との面会を政府に求めたが、日程を理由に断られた。ICANの尽力で実現した核兵器禁止条約に日本は参加していない。それでも、唯一の戦争被爆国トップとして会って話をすべきでは、との声が上がっている。

ICAN事務局長来日 安倍首相、なぜ会わぬ 毎日新聞2018年1月16日 菅官房...

» Continue reading

| | Comments (0)

全原発を速やかに廃止する原発ゼロ基本法案を策定中の立憲民主党は法案の理念に当たる前文をインターネットを活用し市民とともに作成する試みを進めている。共有ページは逢坂衆院議員のツイッターからアクセスできる

原発ゼロ法案 ネット活用 立民、前文を市民と作る 東京新聞2018年1月15日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

安倍政権で改憲、反対54% 9条に自衛隊、反対52% 全原発の即時停止に賛成は49・0%、反対は42・6%だった。共同世論調査

安倍政権で改憲、反対54%9条に自衛隊、反対52%共同世論調査 東京新聞2018...

» Continue reading

| | Comments (0)

世界のマーケットが過熱気味だ株式はもとよりビットコインに代表される仮想通貨さらに不動産から原油非金属などの商品市場まで幅広く高騰している。 バブルは破裂して初めてわかるものだ。警戒を怠ってはいけない

過熱する世界の市場 バブルへの警戒が必要だ 毎日新聞2018年1月14日  世界...

» Continue reading

| | Comments (0)

国会議員や秘書が、行政に対し不当な働きかけをする体質がまだはびこっている。自民党の鳩山衆院議員の秘書が国税庁幹部を議員会館に呼んで個別の税務調査の内容について説明を求めていた。鳩山氏本人も同席していた

国会議員が税務調査に関与 「同席しただけ」は通らぬ 毎日新聞2018年1月14日...

» Continue reading

| | Comments (0)

戻らぬドル円相場 米保護主義の懸念再び

戻らぬドル円相場 米保護主義の懸念再び 経済部 前田尚歩 2018/1/12 日...

» Continue reading

| | Comments (0)

運転開始から来年で40年を迎える大飯原発1、2号機の廃炉を関西電力が決めた安全対策費がかさみ再稼働しても採算が取れないと判断したためだ 東京電力福島原発以外で100万KW級の原発が廃炉になるのは初めて

大飯1、2号機の廃炉決定 脱原発への新たな契機に 毎日新聞2018年1月12日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

小泉元首相らが顧問を務める原発ゼロ自然エネルギー推進連盟の脱原発法案は原子力政策のあいまいさに投じる一石だ。原発の即時停止再稼働新増設の禁止をうたい2050年までに電力を100%自然エネルギーで賄う

脱原発基本法案 丁寧な議論あってこそ 東京新聞2018年1月12日 小泉純一郎元...

» Continue reading

| | Comments (0)

働き方改革が「長時間労働削減」の話ばかりになるワケ

働き方改革が「長時間労働削減」の話ばかりになるワケ 常見陽平さんに「働き方改革」...

» Continue reading

| | Comments (0)

小泉・細川元首相の脱原発や自然エネルギーを推進する民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」は十日、国内原発の即時廃止を目指す「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子を発表した.。

原発即時ゼロ法案 小泉元首相ら野党連携へ 東京新聞2018年1月11日   脱原...

» Continue reading

| | Comments (0)

2017年に生まれた子どもは推計94万人で、過去最少となった。死亡数から出生数を引いた「自然減」は40万人を超える。産業界では現役世代の人口減少がすでに深刻な労働力不足をもたらしている。

論始め2018 人口減少と労働力 従来の枠組みを超えよう 毎日新聞2018年1月...

» Continue reading

| | Comments (0)

ニッポンの大問題 もはや環境途上国。パリ協定を境目に、地球を巡るお金の流れが変わり、世界の景色も変わり始めた。変われない日本を残し。脱炭素、脱原発、いつやるの?パリ協定の要求は低炭素ではなく脱炭。

ニッポンの大問題 もはや環境途上国 東京新聞2018年1月9日  パリ協定を境目...

» Continue reading

| | Comments (0)

山梨県内の国有地を学校法人日本航空学園が約50年無断で使い続け、管理する財務省関東財務局が把握しながら放置した末、2016年5月に評価額の8分の1で売却していたことが明らかになった

日本航空学園に格安売却 評価の8分の1 財務省 毎日新聞2018年1月8日 山梨...

» Continue reading

| | Comments (0)

田中良紹:2018年はトランプの喧嘩ツイートから始まった

田中良紹:2018年はトランプの喧嘩ツイートから始まった 田中良紹国会探検201...

» Continue reading

| | Comments (0)

防衛省は国産では初めての超音速の空対艦ミサイルとなる「ASM3」の開発を完了し、2019年度から量産を始める。音速の3倍のマッハ3以上の速度で艦船に迫り、迎撃がより困難になる。

超音速ミサイル 量産へ 国産「ASM3」、抑止力強化 毎日新聞2018年1月7日...

» Continue reading

| | Comments (0)

ニッポンの大問題ギグエコノミーの吉凶(ギグとは一度かぎりのコンサートなどを指す洋楽界の俗語)転じて「単発」とか「短期の仕事」を意味します。ワーカーは雇用されているわけではないので最低賃金の保障はない。

ニッポンの大問題 ギグエコノミーの吉凶 東京新聞2018年1月7日   聞き慣れ...

» Continue reading

| | Comments (0)

スパコン社長ら再逮捕 助成金1.9億円詐取の疑い逮捕容疑では、NEDOが募集した2012~13年度の研究開発費補助金「戦略的省エネルギー技術革新プログラム実用化開発」の事業の虚偽の実績報告書の提出

スパコン社長ら再逮捕 助成金1.9億円詐取の疑い 東京新聞2018年1月5日 経...

» Continue reading

| | Comments (0)

世界を震撼させたリーマン・ショックから今年9月で丸10年地球上の金融が凍り付き、何千万もの市民が職や家を失った。度重なる金融危機対策などを経て財政余力がほとんど尽きてしまった。日本は特にそうだ

論始め2018マネー資本主義の行方人類の知が試されている 毎日新聞2018年1月...

» Continue reading

| | Comments (0)

海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」を空母に改修する案。米海兵隊仕様のステルス戦闘機F35Bを導入する案浮上。「空母化案攻撃能力」論点に。

「いずも」空母化案が浮上 「攻撃能力」論点に 毎日新聞 2018/1/6 年内見...

» Continue reading

| | Comments (0)

全原発、速やかに廃止立民の原発ゼロ法案の骨子判明。全原発を止め、エネルギー危機に陥った場合以外は稼働を認めない。原発に依存しない社会の実現に向けた「国の責務」を明確にする。

全原発、速やかに廃止 立民の原発ゼロ法案の骨子判明 東京新聞2018年1月3日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

ニッポンの大問題 職人精神を磨きたい

ニッポンの大問題 職人精神を磨きたい 東京新聞2018年1月3日   ちまたに「...

» Continue reading

| | Comments (0)

憲法を見つめて九条の周辺岩国。 膨らむ基地標的の不安平和や憲法が問われる年が明けた。自民党は改憲案を国民に提案するシナリオを描く。その本丸は戦争の永久放棄を掲げた九条海外で武力を使えるようになっ た

<憲法を見つめて 九条の周辺>岩国 膨らむ基地標的の不安 東京新聞2018年1月...

» Continue reading

| | Comments (0)

日本の中東和平政策 「中庸の理念」貫いてこそ

日本の中東和平政策 「中庸の理念」貫いてこそ 毎日新聞 河野太郎外相が中東のイス...

» Continue reading

| | Comments (0)

年のはじめに考える 明治150年と民主主義。また「一強」政治がある。首相は謙虚を唱えながら独走を続けている。社会はつねに不満を抱えるものです。その解決のために議会はあります。

年のはじめに考える 明治150年と民主主義 東京新聞2018年1月1日  明治百...

» Continue reading

| | Comments (0)

福島除染「手抜き」 汚染土詰めた二重袋の内袋を閉めず 1000袋発見

福島除染「手抜き」 汚染土詰めた二重袋の内袋を閉めず 1000袋発見 東京新聞2...

» Continue reading

| | Comments (0)

2016年度に国が実施した私立大学への研究補助事業で安倍首相の友人が理事長を務める加計学園だけが運営する二校が選定されていたことが分かった。当時は加計学園に国家戦略特区での獣医学部新設が決まったばかり

2016年度に国が実施した私立大学への研究補助事業で安倍首相の友人が理事長を務め...

» Continue reading

| | Comments (0)

ニッポンの大問題 高齢期を「どう生きる」 今年は推計で百三十四万人が亡くなりました。超高齢社会の日本は「多死社会」を迎えます。人生の最終段階にどんな医療を受けたいでしょうか。

ニッポンの大問題 高齢期を「どう生きる」  東京新聞2017年12月30日  今...

» Continue reading

| | Comments (0)

安倍一強と国会の劣化。野党側は「森友」「加計」両学校法人をめぐる問題と安倍首相らとの関わりを追及しようとしていました。国会を開かなかったり、会期を短くした背景に、追及を避ける首相らの狙は憲法軽視です

ニッポンの大問題 安倍一強と国会の劣化 東京新聞2017年12月29日   安倍...

» Continue reading

| | Comments (0)

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、大阪地検特捜部の背任容疑での捜査が大詰めを迎えている。値引き「裁量」重点捜査 国の背任容疑、判断へ

値引き「裁量」重点捜査 国の背任容疑、判断へ 毎日新聞2017年12月29日 学...

» Continue reading

| | Comments (0)

加計学園の獣医学部新設計画について設置審の複数の委員が、「獣医学部新設の前提となる4条件を満たしていない」との認識を示した1人は「本来なら来年度も再度審査すべきだった時間切れになった」と語った

「加計、新設条件満たさず」 複数委員が認識 毎日新聞2017年12月29日 加計...

» Continue reading

| | Comments (0)

地域の安全保障環境をにらみつつ、専守防衛を踏まえた防衛力をどう整備するか。目を引くのは陸上配備型迎撃ミサイルシステムイージス・アショアと航空自衛隊の戦闘機に搭載する長射程の巡航ミサイル3種類の導入だ。

防衛費の膨張と北朝鮮 軍事と外交のバランスを 毎日新聞2017年12月27日 地...

» Continue reading

| | Comments (0)

米国の安保戦略冷戦時代をほうふつとさせる力任せの姿勢は対立をあおり、世界が乱れるだけだ。地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定からの離脱を表明したことで、米国は孤立した。

米国の安保戦略 力任せは世界を乱す 東京新聞2017年12月27日   圧倒的な...

» Continue reading

| | Comments (0)

2018年度予算案の防衛費は5兆1911億と過去最大となった北朝鮮中国の脅威を理由とするが際限なく膨張して行く厳しい財政状況でどこから財源を持って来るのだろう。防衛力整備は節度を取り戻さねばならない

防衛費が最大に 際限なき膨張を憂う 東京新聞2017年12月26日  二〇一八年...

» Continue reading

| | Comments (0)

安倍政権5年、景気回復もデフレ脱却見えず。堅調な企業業績とは裏腹に個人消費は伸び悩みが続く。大手企業では徐々に賃金が上がっているものの全企業の9割を占める中小企業4割を占める非正規雇用への波及が鈍い。

<安倍政権5年>景気回復もデフレ脱却見えず 12/26(火) 毎日新聞 「経済の...

» Continue reading

| | Comments (0)

全国十地域の電力会社で今夏、年間で最も電力使用の多いピーク時の使用量が、東京電力福島第一原発事故前の2010年夏に比べて約15%減ったことが分かった。

高まる意識、進まぬ帰還 福島事故後 電力ピーク使用15%減 東京新聞2017年1...

» Continue reading

| | Comments (0)

«来年度予算案一般会計総額は6年連続で過去最大の97・7兆円に上り 借金まみれの危機的な財政を一段と深刻にしかねない内容だ。