柳瀬氏は2015年4月2日加計学園関係者らと首相官邸で面会したと明らかにした。これまで記憶の限りではと否定していた愛媛県今治市など自治体関係者の同席もいたかもしれないと事実上認め説明を一転させた

柳瀬元秘書官の国会招致 「首相案件」の心証強めた 毎日新聞2018年5月11日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

柳瀬氏は2015年4月2日加計学園関係者らと首相官邸で面会したと明らかにした。これまで記憶の限りではと否定していた愛媛県今治市など自治体関係者の同席もいたかもしれないと事実上認め説明を一転させた

柳瀬元秘書官の国会招致 「首相案件」の心証強めた 毎日新聞2018年5月11日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

加計学園の獣医学部新設をめぐり特別扱いがあったのではないか柳瀬元首相秘書官は否定したが疑いは拭い切れない公平・公正であるべき行政判断が安倍首相の直接的もしくは間接的な影響力で歪められたのではないか

柳瀬氏と「加計」 「特別扱い」拭い切れぬ 東京新聞2018年5月11日   「加...

» Continue reading

| | Comments (0)

柳瀬氏の答弁に広がる矛盾「柳瀬氏は保存している名刺の中に県や市の職員の人の名刺はなかった」と話したが愛媛知事が柳瀬氏の名刺のコピーの証拠示し首相官邸での面会について「県職員の信頼にかかわる」と反論した

<加計問題>柳瀬氏答弁広がる矛盾 愛媛知事、証拠示し反論 5/12(土) 毎日新...

» Continue reading

| | Comments (0)

「誠心誠意、真実を語ってはいない」。十日の柳瀬氏の参考人招致を受け、愛媛県庁で報道陣の取材に応じた中村時広知事は、表情に憤りをにじませた。

愛媛知事「真実を語ってない」 「首相案件」否定に憤り 東京新聞2018年5月11...

» Continue reading

| | Comments (0)

柳瀬首相秘書官は首相官邸で2015年に学園関係者と三回面会し国家戦略特区の活用を紹介したことを明らかにした学園を特別扱いしたとか優遇したとかは全くないと強調したものの異例ともいえる厚遇が浮彫りになった

際立つ加計優遇 参考人招致で柳瀬氏「官邸で3回面会」 東京新聞2018年5月11...

» Continue reading

| | Comments (0)

国会議員に路上でいきなり暴言を浴びせた自衛官に対し防衛省は訓戒処分にしたと発表した面識のない他人に因縁をつけるのは一般社会でも非常識な行為だ3佐は国のために働け気持ち悪いなどと発言したとは認めている

暴言自衛官を訓戒処分 背景の解明は十分なのか 毎日新聞2018年5月9日 国会議...

» Continue reading

| | Comments (0)

米の核合意離脱中東危機を封じ込めてきた力を捨てて情勢混乱に拍車を掛けかねない決定。トランプ米大統領が国際社会の反対を押し切りイラン核合意からの離脱を発表した。ことの重大さに考えが及ばない浅はかな行動だ

米の核合意離脱 浅慮が世界を困らせる 東京新聞2018年5月10日   中東危機...

» Continue reading

| | Comments (0)

原発の安全対策費用の増加で建設コストが高騰する中日立が建設の条件として英政府に主に求めているのは利益を十分確保できる価格での電力の買い取りと原発事業への英政府の出資増額、認められ無ければ撤退の可能性

英政府、リスクを受容 保証支援策提示の背景 毎日新聞2018年5月9日 日立製作...

» Continue reading

| | Comments (0)

フランス家庭のシンプルな生活スタイルを紹介した『フランス人は10着しか服を持たない』(大和書房)がベストセラーになったのは記憶に新しい話。家事のシンプル化はどこまで進むのか…”しない家事”という選択

家事のシンプル化はどこまで進むのか…”しない家事”という選択 2018年5月5日...

» Continue reading

| | Comments (0)

今から約20年後には日本は人口が年間約90万人も減る一方で、団塊ジュニア世代が高齢者となり、65歳以上が約4000万人とピークに達するが安倍内閣はこうした現実とまともに向き合わず対応は後手に回っている

人口構成の2040年問題 政府全体で取り組む課題 毎日新聞2018年5月6日 今...

» Continue reading

| | Comments (0)

などさまざまな事情で親と暮らせず社会が代わって育てる必要のある子どもがこの国に約三万六千人いる。その大半が施設で集団生活するが現制度では子どもの在籍人数が減ると国から支給される運営費が減り経営に響く

里親との懸け橋に 「預かる」から「託す」へ 東京新聞2018年5月5日   死別...

» Continue reading

| | Comments (0)

毎日新聞が社説で安倍晋三政権を痛烈に批判した。「小選挙区制の導入」「政党助成制度の創設」「首相官邸機能の強化」が、首相なるポストの権力増大に寄与していると指摘した。

毎日新聞が安倍政権を痛烈に批判! 2018/05/03 半歩前へ 毎日新聞が社説...

» Continue reading

| | Comments (0)

1年前、安倍晋三首相は憲法9条への自衛隊明記論を打ち上げた。自民党をせき立て、野党を挑発し、衆院総選挙まではさんで、改憲4項目の条文案作成にこぎつけた。

引き継ぐべき憲法秩序 首相権力の統制が先決だ 毎日新聞2018年5月3日 平成最...

» Continue reading

| | Comments (0)

日銀が物価目標の達成時期を明示しない方針に転じたのは異次元緩和の失敗をようやく認めたことを意味する。物価は人為的にコントロールできない。実体経済の好転や将来不安の払しょくが先だ。

日銀の物価目標 実体経済の好転が先だ 東京新聞2018年5月4日  日銀が物価目...

» Continue reading

| | Comments (0)

日本国憲法9条1項はパリ不戦条約の流れをくみ戦争放棄をうたう、戦後制定された多くの国の憲法にも同様の規定があり9条1項が特別とは言えない、多くの国の憲法も日本と同じく戦争放棄の理想を掲げている

<世界の中の日本国憲法>9条編 「不戦」支える「戦力不保持」 東京新聞2018年...

» Continue reading

| | Comments (0)

牛肉偽装告発者「私をヒーロー扱いしたメディアは所詮観客」結局、翌2003年には西宮冷蔵も休業に追い込まれた。カンパを募ってなんとか翌年に再建にこぎつけたけど、2014年にまた休業になってしまった。

牛肉偽装告発者「私をヒーロー扱いしたメディアは所詮観客」 2017年7月30日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

朝日「リニア談合解説記事」での一方的「ゼネコン批判」による“印象操作” 郷原信郎が斬る

朝日「リニア談合解説記事」での一方的「ゼネコン批判」による“印象操作” 2018...

» Continue reading

| | Comments (0)

メルケル独首相はシリアでの化学兵器使用は批判したがドイツは軍事行動には不参加を明言していた。シリア攻撃では米国に同調した英仏がニュースの見出しに躍ったが脇役に回ったドイツの振る舞いにむしろ潔さを感じた

立ち位置を守る国 東京新聞2018年5月2日 シリア攻撃では米国に同調した英仏が...

» Continue reading

| | Comments (0)

加計学園による国家戦略特区を利用した獣医学部新設を巡り柳瀬首相秘書官は2015年4月2日に同学園関係者と首相官邸で会ったことを認める意向を固めた。加計側との面会を認めれば特区での認定が加計ありきになる

柳瀬氏、面会認める意向 国会答弁へ 毎日新聞2018年5月2日 学校法人「加計学...

» Continue reading

| | Comments (0)

加計学園の獣医学部開設を巡り愛媛県幹部らが2015年4月に柳瀬首相秘書官と面会した際官邸スタッフとして文科省と農水省から内閣官房に出向していた職員も同席した問題で事実確認を避けている

柳瀬氏面会問題 究明たらい回し 文科・農水「出向先のこと」 官邸「各省が回答」 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

訳がわからない中国人の北海道の森林地購入についての批判。平成24年4月1日北海道で水資源に関する条例が施行され。水源地周辺で土地を売買する場合売り主が契約の3カ月前に道に届け出る「事前届け出制」とした

訳がわからない中国人の北海道の森林地購入についての批判 水源を奪われるということ...

» Continue reading

| | Comments (0)

文民統制。軍事組織が主権者代表の統制に従うのは民主主義国家の基本原理ですがそれを危うくしかねない動きも目立ちます。自分の意に反する政治家を面罵する姿は、政治に介入していった旧日本軍に重なります。

憲法を考える 「文民統制」が揺らぐ 東京新聞2018年5月1日   文民統制。軍...

» Continue reading

| | Comments (0)

セクハラの実態を正確につかむことは不可能に近い。なぜか。財務事務次官を辞任した福田氏のセクハラ問題はその答えをわかりすぎるほどわからせてくれた.。調査もせず口頭注意で済ませる。それが財務省の態度だった

セクハラと日本社会 これが21世紀の先進国か 毎日新聞2018年4月30日 セク...

» Continue reading

| | Comments (0)

低炭素から脱炭素。世界の流れ。推進力は再生可能エネルギー。日本のスタートダッシュの遅れを取り戻すには、地域の力が欠かせない。火力や原子力は、いわば中央集権型、風力や太陽光は地方分権型のエネルギー。

環境基本計画 地域の力が試される 東京新聞2018年4月27日  低炭素から脱炭...

» Continue reading

| | Comments (0)

公的年金の受給額が少なくて困窮している高齢の年金プアが最後に頼ることができるのは生活保護だ。しかし、制度内容の誤解から、生活保護を受けられる資格がありながら利用を控えるケースが目立っている。

<年金プア 不安の中で>80代女性 年金は月6万円ほど、生活費払えず 不足分は生...

» Continue reading

| | Comments (0)

辺野古への移設工事を巡る約7億4千万円の過大請求問題で警備会社が過大請求をしている疑いがあるとの内部通報を受けた防衛省沖縄防衛局が元請けの大成建設に対し内部通報者を特定可能な形で告発内容を伝えていた。

防衛省が内部告発漏らす 辺野古警備問題、個人特定可能な形 東京新聞2018年4月...

» Continue reading

| | Comments (0)

福田前財務次官の女性記者へのセクハラ疑惑について、財務省は27日にセクハラを認めて謝罪ししたが、あれほど強気に答弁していた麻生氏からは何もコメントはありません。

福田前財務次官の女性記者へのセクハラ疑惑について、財務省は27日にセクハラを認め...

» Continue reading

| | Comments (0)

柳瀬氏、「参考人招致」ではなく「証人喚問」が不可欠な理由。郷原信郎が斬る

柳瀬氏、「参考人招致」ではなく「証人喚問」が不可欠な理由 郷原信郎が斬る 4月1...

» Continue reading

| | Comments (0)

政府が改定するエネルギー基本計画の骨子案が26日分かった。原発は2014年に策定し前回計画と変わらず重要な基幹電源と位置付け原発維持の姿勢を鮮明にした。た

エネ計画 議論尽くしたか 経産省審議会の骨子案判明 東京新聞2018年4月27日...

» Continue reading

| | Comments (0)

主要国が反保護主義で結束できなければ、世界経済を混乱させ、ひいては自国の景気にも跳ね返ってくる。平行線たどったG20 保護主義への反応が鈍い

平行線たどったG20 保護主義への反応が鈍い 毎日新聞2018年4月24日  主...

» Continue reading

| | Comments (0)

福田淳一財務次官のセクハラ疑惑をめぐり麻生太郎財務相が、はめられたとの意見がある、などと擁護した。被害を受けた女性を加害者扱いする暴言だ。認識違いも甚だしい。

財務次官辞職 認識違いも甚だしい 東京新聞2018年4月25日  耳を疑う発言で...

» Continue reading

| | Comments (0)

防衛省の三等空佐が民進党参院議員の小西洋之氏に暴言を吐いた問題で三佐はばかなのか気持ち悪いなどの発言をしたと認めたがおまえは国民の敵だとの発言は否定した。暴言を吐いた自衛官も記憶喪失になった様です。

小西氏「組織的隠蔽だ」 暴言3佐「国民の敵」は否定 東京新聞2018年4月25日...

» Continue reading

| | Comments (0)

先進国で日本ほどセクハラに対して鈍感な国はありません。特に政治家や官僚は酷い物です。<セクハラ疑惑>麻生財務相「はめられたとの意見ある」

先進国で日本ほどセクハラに対して鈍感な国はありません。特に政治家や官僚は酷い物で...

» Continue reading

| | Comments (0)

風力や太陽光といった再生可能エネルギーを「主力電源」にすると持ち上げる一方で、原発は温暖化対策のための「選択肢」として維持し続ける日本は世界からどんどん取り残されます。

再生可能エネ 主役に起用するのなら 東京新聞2018年4月23日   「再生可能...

» Continue reading

| | Comments (0)

今日の東京新聞の安倍政権、疑惑・不祥事 3カ月で「13」 の異常事態という記事は、永久保存版としましょう。今後、歴史的にみても1,2を争う腐敗政権として歴史に名を残すと思われます。

今日の東京新聞の安倍政権、疑惑・不祥事 3カ月で「13」 の異常事態という記事は...

» Continue reading

| | Comments (0)

医師不足を解消するため、国は医学部の新設や定員増を図っているが医学部の「地元枠」拡大をしなければ地域差が大きく問題は解決しない。

医師不足の地域どうする 医学部の「地元枠」拡大を 毎日新聞2018年4月21日 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

結局、加計学園の獣医学部新設問題は、国家戦略特区に選ばれる前に、総理案件として、内閣府と柳瀬首相秘書官が各省庁に根回しを行い、総理のお友達に有利になるように動いた案件でした。

結局、加計学園の獣医学部新設問題は、国家戦略特区に選ばれる前に、総理案件として、...

» Continue reading

| | Comments (0)

財務官僚の大嘘が次々に露見し、今度は林芳正文部科学相が愛媛県や今治市、学園関係者が首相官邸を訪問した当日、内閣府が文科省に訪問を伝えていたメールの文章が省内で見つかったと発表しました。

「柳瀬氏とも面会」記載 官邸訪問メール 文科省が公表 東京新聞2018年4月20...

» Continue reading

| | Comments (0)

日本原子力発電が再稼働を目指す東海第2原発について東京電力と東北電力が安全対策に必要な資金を支援する意向を表明した。 しかし東電は福島第一原発事故の当事者だ。他社の原発支援に回ることが許されるのか。

東電の日本原電支援 優先すべきは廃炉と賠償 毎日新聞2018年4月19日 日本原...

» Continue reading

| | Comments (0)

民進党の小西洋之参院議員が16日夜、国会近くの路上で防衛省統合幕僚監部の3等空佐から「お前は国民の敵だ」と繰り返し罵倒された問題は、過去の暗い歴史を思い起こさせた。

<国民の敵>その言葉で始まった悲劇は数々 世間の反映か 4/18(水)毎日新聞 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

新潮側はネットで福田氏の発言とされる断片的な音声データを公表与党内では逃げ切れないとの声が大勢財務省が報道各社の担当女性記者、この問題の調査への協力を求める異例の対応を行ったことへの批判も強まっている

「逃げ切れず」福田次官更迭論、与党で拡大 毎日新聞2018年4月17日 報道各社...

» Continue reading

| | Comments (0)

昨年7月、柳瀬氏が周辺に職員らと面会した可能性を認めていたことが、政府関係者への取材で明らかになった。「会っていないと言えない」柳瀬氏、愛媛職員と

<加計問題>「会っていないと言えない」柳瀬氏、愛媛職員と 4/17(火)毎日新聞...

» Continue reading

| | Comments (0)

内閣支持率26.7% “発足以来”最低に4/15(日)日本テレビ

内閣支持率26.7% “発足以来”最低に 4/15(日)日本テレビ この週末に行...

» Continue reading

| | Comments (0)

太陽光、風力などの再生可能エネルギー欧州などに比べ出遅れている。原発依存からはできるだけ早く脱却する。その前提で再生エネの「主力」化に取り組むべきだ。

「脱炭素」への長期戦略 再生エネ主力化を着実に 毎日新聞2018年4月13日 経...

» Continue reading

| | Comments (0)

“安倍王将”は「詰み」まで指し続けるのか。。郷原信郎が斬る

“安倍王将”は「詰み」まで指し続けるのか 2018年4月12日 郷原信郎が斬る ...

» Continue reading

| | Comments (0)

愛媛県知事は真実性についても職員が文書をいじる必然性はまったく無いと言ったが安倍首相がコメントしないという姿勢は誠実ではない逆に正直にコメントすれば本件は首相案件という言葉につながるからではないのか

森友・加計審議 うそはどっちか白黒を 東京新聞2018年4月12日  加計学園と...

» Continue reading

| | Comments (0)

「物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資する」。新日銀法が掲げる理念だ。政治的圧力から過度のインフレを招くことのないよう付与したのが独立性だった。

2期目に入った黒田日銀 独立性の信念が試される 毎日新聞2018年4月12日  ...

» Continue reading

| | Comments (0)

地域の子どもに無料か低額で食事を提供する「子ども食堂」を朝の学校始業前に開く動きが広がっている。二〇一〇年代に始まった子ども食堂。貧困支援に止まらず地域住民の交流拠点など目的が多様化し急激に増えている

広がる朝の「子ども食堂」 平塚市や横須賀市で始まる 東京新聞2018年4月12日...

» Continue reading

| | Comments (0)

加計学園の獣医学部開設を巡り柳瀬首相秘書官に面会する直前に首相官邸側から文部科学省に愛媛県や今治市加計学園の関係者が近く首相官邸を訪問すると伝えていたことが十一日文科省関係者への取材で分かった

愛媛側の来訪 事前伝達 15年3月 官邸側が文科省に 東京新聞2018年4月12...

» Continue reading

| | Comments (0)

加計学園による国家戦略特区を利用した獣医学部新設計画を巡って安倍晋三首相らの関与をうかがわせるやり取りが事実なら、これまでの政府の国会答弁は次々に崩れかねない。

加計文書 首相答弁崩壊も 官邸疑惑深まる 毎日新聞2018年4月11日 学校法人...

» Continue reading

| | Comments (0)

政府は、「働き方」関連法案を国会に提出したが「高度プロフェッショナル制度(残業代ゼロ制度)」の創設が盛り込まれ、過酷な労働を招きかねない点や、実効性が疑わしい内容が目立つ。

過酷労働の懸念拭えず 残業代ゼロ、月100時間上限 働き方法案提出 東京新聞20...

» Continue reading

| | Comments (0)

日本は安倍首相案件というお友達に利益供与する事が次々に発覚しています。中村時広知事は10日記者会見で、内容の詳細についてはコメントできないと明言を避けながらも職員の書類は信頼していると認めました

計画文書 愛媛知事会見一転「存在」に憤り市民「うそつかれていた」 毎日新聞 20...

» Continue reading

| | Comments (0)

加計学園を巡り、愛媛県職員が残した官邸とのやりとりに関する文書の全文

愛媛県職員と官邸やりとり全文 毎日新聞2018年4月10日 加計学園を巡り、愛媛...

» Continue reading

| | Comments (0)

今治市に国家戦略特区で開設した獣医学部を巡り県と市が特区を申請する前の2015年4月自治体や学園の担当者らと面会した内閣府の幹部が国家戦略特区の手法を使いたいと当初から加計学園ありきで進められていた

内閣府が戦略特区提案 加計側に「官邸から聞いている」 東京新聞2018年4月10...

» Continue reading

| | Comments (0)

福島第一原発事故の慰謝料増額訴訟で国の原子力損害賠償紛争解決センターは六日、和解の仲介手続きを打ち切ったと発表した。センターが示した慰謝料を全員一律に上乗せする和解案を、東電が受け入れなかった為。

浪江の賠償増額、決裂 ADR 東電、和解案を拒否 東京新聞2018年4月7日  ...

» Continue reading

| | Comments (0)

働き方改革関連法案は閣議決定され国会で本格的な論戦が始まる。これまでの法案を巡る政府の対応は不適切、不誠実だった。肝心の働く人々が置き去りにされている。

働き方法案 これでは過労死防げぬ 東京新聞2018年4月7日  働き方改革関連法...

» Continue reading

| | Comments (0)

財務省の太田理財局長はNHKが報道した通り9日の参院決算委員会で理財局職員が昨年2月ごみの撤去についてうその説明をするよう学園側に求めていたことを認め8億円値引きした経緯の説明は虚偽とはっきりしました

理財局、口裏合わせ要請認める ごみ撤去巡り 毎日新聞2018年4月9日 財務省の...

» Continue reading

| | Comments (0)

東京電力福島第一原発事故で避難生活を強いられた浪江町の住民約一万五千人が申し立てた裁判外紛争解決手続きが打ち切られ申し立てに加わった住民からは和解案を拒否し続けた東電の対応に怒りの声が上がった。

「避難者の苦しみなんて東電は眼中にない」 浪江住民、ADR打ち切りに怒り 東京新...

» Continue reading

| | Comments (0)

足立区の中学校で行われた授業を都議が「不適切な性教育」と批判したことについて、有識者らでつくる「“人間と性”教育研究協議会」は六日、都庁で記者会見し、教育現場が萎縮するなどと懸念を表明した。

性教育で申し入れ国際基準は「幼少期から」都議の授業批判で識者 東京新聞2018年...

» Continue reading

| | Comments (0)

子どもたちに無料や低額で食事を提供する子ども食堂が全国で2286カ所に上ることが調査でわかった。食事が学校の給食だけという子どもの存在が話題になったのは2009年政政が子供の貧困率を公表したころだ

全国に広がる子ども食堂 地域社会で後押ししたい 毎日新聞2018年4月5日 子ど...

» Continue reading

| | Comments (0)

「刑事免責」は「司法取引」とどう違うか ~“国会証人喚問への「刑事免責」導入”で期待できること

「刑事免責」は「司法取引」とどう違うか ~“国会証人喚問への「刑事免責」導入”で...

» Continue reading

| | Comments (0)

九州電力玄海原発3号機の配管で見つかった小さな穴は重大だ。原子力規制委員会の審査で「世界一厳しい基準」に適合とされ、再稼働した直後のトラブルだ。「アリの一穴」という故事もある。

玄海原発 小さな穴の大きな教訓 東京新聞2018年4月5日   九州電力玄海原発...

» Continue reading

| | Comments (0)

政府が「ない」としてきた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で小野寺防衛相は三日、陸自が存在を把握してから報告を受けるまで、二カ月半以上かかった経緯を検証する考えを示した。

イラク日報 3つの不可解 野党「組織的隠蔽」 東京新聞 2018年4月4日 政府...

» Continue reading

| | Comments (0)

南スーダンの日報隠蔽に続きイラクに派遣された陸上自衛隊の日報が見つかってから防衛相への報告までに二カ月半以上かかった。当初見つけられなかったことも問題だ。文民統制をも危うくしかねない重大な事態である。

陸自の日報管理 「隠蔽体質」を一掃せよ 東京新聞2018年4月4日  イラクに派...

» Continue reading

| | Comments (0)

学生服のデザインや選択から男女差をなくす試みが始まっている。「性別に関係なく選べる」。千葉の柏の葉中のように、だれもが制服を自由に選べる、そういう自由さこそが、校風になってもいいのではないか。

学校の制服 「らしさ」を押しつけず 東京新聞2018年4月4日   学生服のデザ...

» Continue reading

| | Comments (0)

米空軍の垂直離着陸輸送機オスプレイCV22が、米軍横田基地に今夏から配備されることになった。首都圏の空…「なぜ今」「安全性は」

オスプレイ 横田配備 首都圏の空…「なぜ今」「安全性は」 東京新聞2018年4月...

» Continue reading

| | Comments (0)

安倍の馬鹿野郎は明治150年の祝賀を行いたいと言っているらしい日本会議の連中もその準備に取り掛かっていると云う話も聞こえてくる日本を150年間支配し続けてきたアメリカの不平条約をそのまました場合でない

日本文明を捨て、明治維新にはじまる「日米地位協定」の醜悪な不平等 世相を斬る あ...

» Continue reading

| | Comments (0)

政治的公平などを定めた四条を撤廃するという政府が考える放送法改正論の本質は、テレビへの政治介入。政権に親和的な番組が増えるという狙いが透けて見える気がする。

放送法改正論 テレビへの政治介入だ 東京新聞2018年4月3日  政府が考える放...

» Continue reading

| | Comments (0)

福島原発事故から7年、復興政策に「異様な変化」が起きている。この国はもう復興を諦めた? 政府文書から見えてくる「福島の未来」復興の成果を自画自賛しているが:世相を斬る あいば達也

原発再稼働の陰で 復興は切り捨てに舵切った日本政府 世相を斬る あいば達也 20...

» Continue reading

| | Comments (0)

無責任な経済成長頼みの財政運営では借金漬けが続くだけだ。2020年度まで5年間の予定で進めている財政健全化計画基礎的財政収支は18年度の赤字が目標より10兆円以上も多くなるそれだけ借金まみれということ

遅れる財政立て直し 無責任な成長頼みのつけ 毎日新聞2018年4月2日 安易な経...

» Continue reading

| | Comments (0)

「刑事免責」導入で文書改ざん問題の真相解明を :郷原信郎が斬る

「刑事免責」導入で文書改ざん問題の真相解明を  2018年4月2日 郷原信郎が斬...

» Continue reading

| | Comments (0)

これまで教科外の領域とされてきた道徳が今春から小学校で来春からは中学校で正式な教科となる。かつて教育勅語に基づく修身科を核とした軍国主義教育が戦争に国民を駆り立てる役割を果たしたそれが歴史の教訓だった

道徳の教科化 心を枠にはめぬよう 東京新聞2018年4月2日  これまで教科外の...

» Continue reading

| | Comments (0)

共同通信社世論調査で森友学園への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で証人喚問を受けた佐川前国税庁長官の証言に関し納得できないとの回答が72・6%に上った。

佐川氏証言 72%納得できず 改ざん「首相に責任」依然65% 東京新聞2018年...

» Continue reading

| | Comments (0)

佐川氏、首相・首相夫人の影響を否定する証言の矛盾:郷原信郎が斬る

佐川氏、首相・首相夫人の影響を否定する証言の矛盾 2018年3月30日 郷原信郎...

» Continue reading

| | Comments (0)

放送の「政治的公平」撤廃案は産業政策に名を借りた新たなメディアコントロールではないか。放送に関与し、都合のよい番組を流したい政権の思惑が透けて見える。

放送の「政治的公平」撤廃案 透けて見える政権の思惑 毎日新聞2018年3月30日...

» Continue reading

| | Comments (0)

有期の労働契約で働く人が無期雇用に転換できる「無期転換ルール」が四月から本格的に始まる。解雇への不安を解消する制度だが、無期になる直前に雇い止めをされるケースが横行している。

無期雇用転換 雇い止めの横行を防げ 東京新聞2018年3月30日  有期の労働契...

» Continue reading

| | Comments (0)

森友学園を巡る文書改ざん問題を新聞各紙が連日報道していることに関連し、麻生太郎財務相は二十九日の参院財政金融委員会で森友の方がTPPより重大だと考えているのが日本の新聞のレベル発言した。

麻生氏「森友 TPPより重大か」 野党「言語道断」と批判 東京新聞2018年3月...

» Continue reading

| | Comments (0)

「政治的公平の放送法条文撤廃」したら、テレビCMはどうなるのか?広告主が広告を出さないことを、大きなリスクと考えるのではないだろうか。

「政治的公平の放送法条文撤廃」したら、テレビCMはどうなるのか? 本間充 201...

» Continue reading

| | Comments (0)

病気やけがで働けなくなった際の生活を公的にサポートしてくれる障害年金。ただ、資格を満たしたと思い込んでいても医師の診断によって受給できないケースが多く、不服申し立てが多発している。

診断書 障害年金を左右 専門家や付き添い 症状伝えるすべ必要 東京新聞2018年...

» Continue reading

| | Comments (0)

2018年度の介護報酬改定で訪問介護の利用制限が懸念されている一人暮らし老老介護の高齢者世帯を支えるとして定着しており利用者団体などから生活が立ちゆかなくなると運用の見直しを求める声が強まっている

訪問介護利用制限に懸念 「独居」「老老」世帯の生活援助枠 東京新聞2018年3月...

» Continue reading

| | Comments (0)

一連の安倍一家による縁故主義政治。縁故政治では、忖度と圧力は同居しながらいつの間にか融合してしまうものである。法律上は佐川の改竄も迫田元理財局長の政治への配慮行政も犯罪ではない結果になる可能性はある

なぜ神風が吹き、調子に乗った籠池だけが逮捕勾留されているのか? 世相を斬る あい...

» Continue reading

| | Comments (0)

財務官僚として事務次官に次ぐ国税庁長官にまで上り詰めた「元エース役人」は「捜査」を盾に口を閉ざし続けた。決裁文書改ざん問題で信頼が大きく揺らいでいる財務省の関係者からは懸念やため息が漏れた。

証人喚問 「真相解明ほど遠い」財務省内からも佐川氏批判 毎日新聞2018年3月2...

» Continue reading

| | Comments (0)

参議院予算委員会で2時間に亘り佐川証人への与野党質問時間が消化した。予想通り予定調和に終始したわけで丸川珠代などに至っては誘導的に官邸の存在を消し去るための質問に終始して国民への印象操作を行った

佐川・訴追の怖れ連発 ”世論を背に”野党、次の証人喚問へ  世相を斬る あいば達...

» Continue reading

| | Comments (0)

虐待や貧困、望まない妊娠などの困難を抱え、行き場のない少女らを撮影した写真展が二十七日、渋谷区神宮前三のデザイン・フェスタ・ギャラリー原宿で始まった。

若者の現実知って 行き場のない少女ら撮影、神宮前で写真展 東京新聞2018年3月...

» Continue reading

| | Comments (0)

「森友学園」を巡る問題に関し、安倍晋三首相の妻昭恵氏が務めていた会長職などの名誉職が計五十五件だったが教育機関の名誉職は「森友学園」の小学校と「加計(かけ)学園」の認可外保育施設の二件だった。

昭恵氏の名誉職 教育系は「森友」「加計」のみ 首相「あまたある」2日で訂正 東京...

» Continue reading

| | Comments (0)

安倍政権や日本の現状将来に対して藻谷浩介氏が穏当で公平な論評をしている物言いは優しいが安倍政権が駄目な政権でありその取りまきの愚劣さまで言及しているのだからやはり安倍政権は相当に駄目な政権なのだろう

憲法改正、百年河清を俟つ 自民は安倍退陣に舵切れるか?  世相を斬る あいば達也...

» Continue reading

| | Comments (0)

証言拒否で真相解明には至らなかった。佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問。疑惑の本質は格安での国有地売却だ。国会は追及の手を緩めてはならない。

佐川氏証人喚問 疑惑の本質をとらえよ 東京新聞2018年3月28日  証言拒否で...

» Continue reading

| | Comments (0)

マイナンバーという国民総背番号制について導入前には便利になるよと吹聴していたけれども、蓋を開けてみれば煩雑さは輪をかけてひどくなりおまけに個人情報がかえって漏れやすくなっていることが次々と露見している

松尾貴史のちょっと違和感 森友問題国会審議 自民議員、矮小化狙い?官僚たたき 2...

» Continue reading

| | Comments (0)

森友学園問題、野党など消えろ反政府の新聞はつぶせと唱えてきた一部論者にも問いたい。日本がもしオール与党の議会で政権に異を唱えるマスコミも存在しない国になっていたらこの問題は闇に葬られていた。

「森友学園」国会審議 土俵の外から俯瞰せよ=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員 ...

» Continue reading

| | Comments (0)

«「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、同省の標準的な売買契約書などの書式を変更したことを隠すための改ざんが四十九カ所に上っていたことが、同省の公表資料の分析で分かった。